2つの課題   2010 年 6 月 13 日

きょう2度目のこんばんは。

きょうは、党の宣伝カーで佐久から長野駅へ。途中、中野などに立ち寄りながら車を走らせました。

須坂で、参院選の選挙ポスターの掲示板らしいものを見つけたのですが、その後それらしいものをまったく見なかったので見間違いだったのかもしれません。

公示後に、県内10300か所に設置される、掲示板にポスターをどう貼るのかが目下最大の課題です。選挙期間中のポスターはしっかり貼りたいですし、手伝ってくださる方が多いほうが

支援の輪が広がるので、できるだけボランティアをやってくださる方を探そうと思っています。お願いできる方、いらっしゃいましたら事務所に連絡ください。お願いいたします。

ポスターといえば、立候補予定者と、予定者が所属する党の著名人の2ショットポスターが、バイパス沿いなどに設置されているのをよく見かけます。

私は資金と時間の問題からやらないことにしているのですが、一か所に複数の政党のポスターが所狭しと並んでいることもあります。

設置場所の所有者が寛大なのか、土地の管理者が不明なのか。そんなことを考えながら車を走らせています。

課題の2つ目は演説です。

しぐさや声の大きさもそうですが、一番大切な内容の更新を考えないといけません。

核となる部分は変わらないのですが、構成の組み換え、より分かりやすい表現、そして世の中の情勢変化への対応など、考えるべきことは山のようにあります。

構成は、自分がやりたいこと(政策など)、政治をやる理由、いまの政局に対する意見など、いくつか柱があるのですが、

人が立ち止まって聞いてくれるのか、通りすがりなのか。与えられた時間の長さなど、様々な要素に対応しなければなりません。

しかも日中はほとんど街頭に立っているので、新しいネタも、「練習なし・即本番」という感じです。

こんなことを日々考えているのですが、最近このブログを更新すると自分の頭も整理されて、やるべきことが明確になることに気付きました。

どんどん更新して、成長したいと思います。皆さんからのアドバイスお待ちしております。

最後に、大切な方からいただいたお守りがひとつ増えました。必勝の思い、∞に高まっています。

書いている間に日付が変わりました。おやすみなさい。

 

この記事は 2010 年 6 月 13 日 日曜日 12:04 AM に投稿されました。

コメント / トラックバック 3 件

2010 年 6 月 13 日 4:15 PM
匿名 より:

昨年の衆議院選挙では私も含め、周囲はすべて民主党に投票しました。高速道路はただ、高校授業料はただ、子供がいればお金がもらえる、、、何も考えずに餌に釣られた魚です。「みんなの党」は選挙に勝てさえすればOKという党にはならないでください。日本の未来が明るくなるように政治をしてください。

2010 年 6 月 14 日 8:59 AM
川北康彦 より:

12日は小諸で元気なお姿を見れて嬉しかったです。
さて、その日帰京したら、東京・東雲ジャスコ前には参議院選挙のポスター掲示板が設置されていました。告示もまだなのにと驚きました。ただ、投票日は7月○日で日にちは空欄でした。八月まで延びたらどうするのでしょう。と長男と笑っていましたが・・いよいよてすね。頑張ってください。

2010 年 6 月 14 日 9:06 AM
川北康彦 より:

候補の疑問の回答になるかわかりませんが、私の生家は私鉄の踏み切り際にありますので、信号待ちの車によく見えるため選挙の度にポスターを貼らせて欲しいとの依頼があります。母は自分の支持政党を隠すために、どんな政党であれ依頼されればすべて貼らせていました。結果、全政党が貼ることとなります。そんな人も世の中には存在するようです。
ただし、現在81歳の母はすべての政党にお断りするようになっています。だって、剥がしにくる政党がいないんですもの。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて