前に進まない政治   2011 年 6 月 27 日

内閣改造がきょう行われた。夜には菅総理の記者会見もあった。

2次補正予算と、再生エネルギー法案、公債特例法案の成立が

菅総理のいう「一定のめど」ということは明らかになった。

しかし、

自民党からの引き抜きで自民党の態度が硬化するのは当然で、

国会運営が難しくなるのは確実だ。

一体どうやって国をあげて復興に取り組むつもりなのか。

一体どうやって「若い世代に責任を引き継ぐ」つもりなのか。

6月2日の不信任決議案をめぐる動き以降、

政治は全く前に進んでいない。

この記事は 2011 年 6 月 27 日 月曜日 11:22 PM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて