手ごたえ   2010 年 6 月 22 日

こんばんは。

きょうは上田と松本を時間をかけて回りました。

途中、さかきたの道の駅でトイレ休憩をとったときのことでした。

男性の方が近寄ってきてくれて

「広報車、もう3回見たよ。頑張っているね」と声をかけてくれました。

これまで広報車でいろいろなところを回って、通過するときは手を振っていただいたりしてきましたが、

きょうみたいなことを言っていただけると、広報車も効果があるなと改めて実感します。

移動を優先するため、高速で通過してしまうこともありますが、車からの呼びかけ、大切にしていきます。

 

松本では、ナワテ通り商店街を一軒一軒回りました。

鞄屋の女性に

「消費税あげる前にやることがあるわよ。国会議員の削減、天下りの禁止しっかりやってね」と

こちらが言うべきことを先に言われました(汗)

テレビで渡辺代表や江田幹事長の発言を、関心をもってみているということでした。

みんなの党の知名度が長野県内でもどんどん上がっていると感じました。活動を始めた一か月前とは違い、党名が認知されつつある気がします。

 

松本はきのうもいったのですが、きのうは「松本高等学校跡地」前で街頭をしたので写真をUPします。

教育の大切さ、ありがたみを感じながら、「奨学金制度を拡充し、経済の格差が教育の格差につながらないようにする」と訴えました。

この記事は 2010 年 6 月 22 日 火曜日 8:31 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 3 件

2010 年 6 月 22 日 10:23 PM
匿名 より:

子どもたちの教育を大切にしてほしいです。
庸生さん、日々、頑張ってください。

2010 年 6 月 22 日 10:28 PM
HOPE より:

子どもたちの教育を大事にしてほしいです。
経済格差が教育格差につながらないように。

ようせいさんに期待しています!

2010 年 6 月 22 日 11:00 PM
yousei37ide より:

ありがとうございます。井出ようせいです。
学生時代の教育はすごく大事です。
また、最近は日本から海外へいく留学生が減っています。
学生だけでなく、志ある社会人経験者も、経済的な事情から留学を断念するケースを
身近に見てきました。
留学に対する奨学金制度の充実も実現したい問題の一つと考えています。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて