気概が大切だ   2012 年 3 月 27 日

橋下大阪市長の最近のTweetから引用させていただく。

「今の国会議員、政党におカネの面倒を見てもらっている人がほとんどじゃないですか?それで莫大な政党交付金が必要になる。確かに政治にカネはかかる。維新の会の事務所だってスタッフだって、皆カネがかかる。しかし、選挙活動資金まで政党丸抱えにするから、政党がおかしくなる。維新の会は金集めに必死にならなくて良い。個人のお小遣いの持ち寄りが基本で、運営は確かにきついけどね。それにメンバーだって、維新の会にカネの世話にはなっていない!という気概を持ち続けられる。これが自立する個人の価値観の実践」

 

政治も選挙もお金がかかる。

しかし、安易にお金を得ると、それと引き換えに失うものがある。

献金をうけた業界団体の利害に縛られてきたこれまでの政治がいい例だ。

理想と現実の狭間で、気概を如何に持ち続けることができるかが大切だ。

 

この記事は 2012 年 3 月 27 日 火曜日 10:56 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 2 件

2012 年 3 月 29 日 4:34 PM
K.N  より:

 井出さん、こんにちは。

 既得権を得ている人達には今の日本に必要な改革は出来ないでしょう。

 いつの時代、どこの国でも、革命や改革は理想に燃える30代の若手を中心に
 巻き起こされたと思います。

 井出さんが新しい日本のリーダーとして活躍されるよう応援していきます。

2012 年 4 月 1 日 6:18 PM
yousei より:

K・N様

ありがとうございます。

井出ようせい

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて