本会議登壇 7分14秒   2013 年 5 月 18 日

20130518-214802.jpg

5月17日、質問のため、初めて本会議で登壇しました。当選から5ヶ月で本会議登壇ができるとは、選挙のあとは予想もしませんでした。緊張するかなと思っていたのですが、初めて委員会で質問をした時と比べると、はるかに落ち着いて質問ができたと思います。様々な委員会で何度も質問に立ってきたので、その経験が、少しだけ成長につながっているのかも知れません。

壇上から見る本会議場は、ふだん議員席から見る本会議場よりも、狭く感じました。傍聴にきてくれた秘書の姿もしっかり見えました。また、議場からのヤジや激励もはっきりと聞こえました。

20130518-214811.jpg

 質問は、「クール・ジャパン推進機構法案」について。「クール・ジャパン」と呼ばれる、日本が世界に誇るもの、例えば地域の伝統工芸品だったり、日本ならではの、ホテルや結婚式での細やかなサービス、高品質の農産物、ファッション、また、アニメなどのコンテンツといった様々なものを海外に広め、日本経済の成長につなげようというものです。そうした宝物を持っている企業の海外進出を促すために、国と民間が出資する「クールジャパン推進機構」いわゆる「官民ファンド」をつくって後押ししようというのが今回の法案です。

クールジャパンと呼ばれる、日本のすばらしいものが海外に展開することは、おおいに期待しています。私が初当院のときに着た上田紬も世界に通用するものだと思っています。

しかし、こうした企業は、これまで厳しい競争に耐え、創意工夫ですばらしい商品をつくってきました。こうした企業の強みは「自立」だと私は思います。こうした企業に、国が主導して安易に出資することが本当によいのか。お金も大事ですが、情報提供、海外展開につながる機会をつくることが大事ではないか。また、「官民ファンド」は、かつての第3セクターがそうですが、多くの失敗例があり、「この手の話は、お上がやったらうまくいかない」ということは、いまや霞ヶ関の省庁の間でも共通認識となっています。とくに官民ファンドの人事は、天下りの温床ともなりかねず、ファンドを作るのなら、人事や運営の仕方など、徹底した議論が必要です。期待が大きいだけに、成功して欲しいだけに、今後も議論を重ねたいと思います。

 

こうした内容を、7分14秒で話しました。まだまだ未熟、1日1日が勝負ですが、小さな1歩を踏み出したということで、5月17日は忘れられない日になりそうです。多くの皆様の力を借りて、支えられて、自分が国会に立っていることを今一度噛み締めて、今後も活動してまいります。ご支援頂いている皆様への感謝を込めて、初登壇の報告とさせて頂きます。

 

追伸

質問の様子はこちらからご覧頂けます。http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42760&media_type=fp

この記事は 2013 年 5 月 18 日 土曜日 9:51 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 3 件

2013 年 5 月 19 日 3:38 PM
モダンタイムス より:

過去に、井出さんにこのブログに掲載して頂いた、私のコメントについて書かせてください。

①以前のコメントで、何度か民主党やみどりの風の一部の議員の方と連携してみては、と書かせていただきました。橋下大阪市長の先の大戦に関する発言等の影響もあり、民主党がみんなの党との連携に期待している向きがありますが、よく考えてみると、例えば、教育政策という大事なテーマで、みんなの党のアジェンダに書かれている教育政策と民主党の教育政策は大きく異なります。上記の、井出さんが書かれた記事にも関係してきますが、みんなの党は、民間活力も生かした教育の多様性を訴えていますが、民主党は(また、みどりの風も)基本的には行政主導の教育政策を掲げていると感じます。
現在、いわゆる「スクールカースト」や「ママカースト」に苦しんでいる方々(子どもも含めて)のことを考えると、みんなの党の教育政策の具現化ができなくなるのであれば、民主党やみどりの風との連携は慎重であってほしいと思います。
12月の総選挙時から思っていたのですが、意外と政策的に近い(脱原発、教育の多様化、ベーシックインカムの導入等で)緑の党(みどりの風ではありません。すぐろ奈緒さんたちが活動されている政治団体です。)との連携はいかがでしょうか。私の市にも緑の党の市議の方がいるので、時間があれば意見してみようと思っています。

②これも、以前のコメントで、国会を岐阜県高山市に移転してみては、と書かせて頂きましたが、国会議員の方々に「落ち着いた議論」をして頂きたく書かせて頂きました。(高山市一帯は、山に囲まれた地域なので。)可能性は低いと思いますが、本当に国会を移転するのであれば、「サラリーマンの通勤の痛みを共有できる」東京都立川市や「都市の生活者の様子が理解できる」東京都足立区などもいいかな、と思います。(度々、こんなことを書いてすみません。)

勝手なお願いで申し訳ありませんが、過去のコメントについて書いたので、掲載して頂けるとありがたいです。

2013 年 5 月 19 日 9:22 PM
yousei より:

モダンタイムス様

いつもありがとうございます。井出ようせいです。

国会が高山に移転できたら、議員生活もぐっと楽しくなるような気がいたします。

いつもご意見ありがとうございます。

井出庸生

2013 年 5 月 20 日 7:29 AM
イソジン より:

本会議場は国会の中で唯一、代議士のみが入場可能で秘書も入れないそうですね。渡辺代表が言ってましたが、渡辺さんが初めて本会議場で登壇したのは3回目ぐらいの当選時でやっとだったそうです。みんなの党は若手に仕事の場がどんどんありますね。それを「しんどい!」と思うか、「やりがいがある!」と思うか。井出さんは当然、後者でしょうね。ますますのご活躍を!

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて