もうちょっと寛容に   2013 年 7 月 7 日

自民党が、TBSのニュース内容が気に入らないといって取材拒否を通告し、結局1、2日でおさまったようだが、

 

政見政党が特定の社の取材を拒否するという行為は、プロ野球の監督が気に入らないスポーツ新聞の記者を出入り禁止にするのとはわけがちがう。

 

取材拒否をされた社の姿勢も問われるし、ほかのメディアの姿勢も問われる。

 

言論は自由だし、取材を拒否する権利も、私はあると思うが、

政権は、取材拒否が一番許されない存在だと思う。

 

本会議質疑での答弁や、細野豪志氏とのFacebookのやりとりなどをみていると、もうすこし批判に寛容に。頭にきても真摯に対応する余裕をもっていただきたい。

 

私ごときが、かなり余計なお世話なのだが。

この記事は 2013 年 7 月 7 日 日曜日 7:15 PM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて