子どもたちからの手紙   2013 年 7 月 16 日

衆議院議員になって、初めて修学旅行生を迎えたのは

ずいぶん前のことだ。

川上村の、十数人の6年生だった。

 

参院選の激戦の合間をぬって国会にいったら、

お礼の手紙がきていた。

「バッジが触れて嬉しかった。思ったより重かった」

「国会は大きかった」

 

子どもたちに思い出を作ってもらうことはできたようだ。

国会では、

「大きくなってから、また見学にきてほしい」と言ったが、

手紙には

「小学校に遊びにきてください」と

書いてあった。

 

再会の日も近そうだ。

 

この記事は 2013 年 7 月 16 日 火曜日 7:48 PM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて