鈍い国会 理解し難い   2013 年 8 月 31 日

今朝の朝日新聞朝刊一面と三面に、

「国会、汚染水審議先送り。九月中旬以降。五輪招致影響も懸念」という記事が出ていた。

記事には、一面、

「九月七日の国際オリンピック委員会総会前に(汚染水の)審議が紛糾すれば五輪招致に影響しかねないとの判断も働いた」とか、

「安倍政権はIOC総会前に、予備費投入を含めた具体策を発表し、五輪招致への影響を最小限に抑えたい考えだ」

また、

「先送りは政権の方針を国会が追認した形だが、汚染水事故よりも五輪招致を優先したとの批判を招く可能性がある」とも書かれている。


三面の見出しは「汚染水 鈍い国会。チェック機能果たさず」

記事には、

「審議を通じて事故の深刻さや政府の対応の遅れがさらに強調されて世界に伝わり、東京招致に悪影響を及ぼしかねない。こんな懸念が政権内に広がった」

誰がどう言ったという直接的な表現はないが、オリンピック招致前に審議を避けたいと具体的に発言した人物がいるからこそ、こうした記事が出てきたのだろうし、発言者が分かっているなら、朝日新聞に、今後の記事で明らかにしていただきたい。

記事には、福島の人の怒りのコメントも多数出ている。

「怒りを取り越してあきれけえっちまう」

「状況がもっと悪化すれば海外の印象も悪くなり五輪招致にも逆効果になる」

「汚染水問題は五輪招致よりはるかに国際的な問題なのに、政治家はそんなことも理解できないのか」

みんなの党は、審議を所管する委員会の理事がいない。

理由は、数が少ないから。

このため審議先送りの決定に関わることができなかったが、

渡辺よしみ代表は会見で

「(汚染水事故の国際原子力事象評価尺度の暫定評価)レベル3は国際的にも極めて重い。自民党がなぜ及び腰になるのか非常に疑問だ。理解し難い」と批判したという。私もそう思う。

この記事は 2013 年 8 月 31 日 土曜日 8:11 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 3 件

2013 年 9 月 1 日 11:53 AM
瀬在澄明 より:

1オリンピック
オリンピック開催にかけるお金があるなら復興に使ってください。
一時的な経済効果よりも未来へ投資です。
長野オリンピック、借金だけ残り箱物の維持費も大変!!

2消費税増税
法律で決まっていると皆さん言ってますが、景気動向の数字を見て決定じゃないんですか?
茶番にしか見えませんが!!
増税して税収が下回ったら、誰か責任取るのですかね?

2013 年 9 月 5 日 12:27 AM
あまちゃんあんべちゃんabenomix より:

以下の通り、消費増税については、「その施行の停止を含め」とあります。

消費増税を望む政権側が如何様にも選定できる、高々60名程度の「有識者」と呼ばれる方々の意見で「集中点検」と言われると、とかく指摘される安倍政権の独裁色の強さが現れている様に感じられます。

「平成24年法律第68号 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」
附 則
 (消費税率の引上げに当たっての措置)
第十八条
(中略)
3 この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第二条及び第三条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前二項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。

2013 年 9 月 9 日 9:55 AM
yousei より:

あまちゃんあんべちゃんabenomix様

井出ようせいです。ありがとうございます。
消費増税については、行革を先行、もしくは同時にやるよう、訴えてまいります。

井出庸生

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて