子どもの夢   2013 年 9 月 3 日

先日、千曲市10周年式典にいったときのこと。

市では、10周年の節目に

市と同じ10歳の小学4年生による

作文コンクールをやったそうで

優秀者の表彰があった。

作文のお題はなんと

「私が千曲市長になったら」!

一人の子は、

千曲市を「どんどん宣伝します!」

「千曲市のシンボルとなるタワーを作って、

そこで働く人を千曲市中から集めたい」と、

今すぐにでも市長に!と思わせるような

夢のある作文を披露。

もう一人の子は物理学者になりたいそうで、

「市長になんかなりたくないんだけど、

やりたいことを書きました」という

始めのくだりから会場を湧かせていた。

この子の作文で聞き入ったところは、

「自分は化学が好きで、それは千曲市の自然そのものです」と。

植物や虫とふれあうことで

理科が好きになったことがよく伝わってきた。

だから市長になったら「緑を増やしたい!」と。



二人の作文に会場のほとんどの人が

聞き入っていたように思えた。

子どもの話す夢は、

純粋さと将来性・可能性があるから、

説得力と期待感が出るのかなと思いながら聞いていた。

とかく現実や目先のことに翻弄されて

キレイな言葉を並べてみても、

気持ちがこもっていなければ説得力はうまれない。

純粋さを失うことのないようにしたいと

自戒をこめて思った次第です。

この記事は 2013 年 9 月 3 日 火曜日 4:10 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 5 件

2013 年 9 月 5 日 12:10 AM
三区39 より:

一般庶民目線で国家行政も運営されることを望みます。

それに多少なりともつながる部分も感じますが、今般の消費税増税法に触れる機会を戴き、貴殿も立法府の一員であらせられることに鑑み、疑問を感じる点を述べさせて戴きますことにつき、ご容赦を賜わりたく存じます。
 いわゆる税制抜本改正法「平成24年法律第68号 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律(法律第六十八号(平成二四・八・二二))」及び、改正令「消費税法施行令の一部を改正する政令(政令第五十六号(平成二五・三・十三))」につき、以下の経過措置の要件に該当するケースは皆無に等しいと推測され、法律の意図にいささか疑問を感じております。

 改正法附則5④(資産の貸付の税率等に関する経過措置)の以下の要件

・同項二号について
(事業者が事情の変更その他の理由により当該対価の額の変更を求めることができる旨の定めがないこと)
…建物賃貸借には、一般的に借地借家法32条(借賃増減請求権)の定めがあり、経過措置に該当しないケースが多いと思われる点
・同項三号における政令で定める要件について
(「貸付資産取得費用等のうちに、当該契約期間中の貸付対価合計額の占める割合が、90%以上であるように貸付契約に定められていること(改正令附則4⑥))
…貸付契約は1~2年程度で更新されることが一般的であり、その間に建築費相当額の9割を賃料として支払うことは、非現実的であると思われる点

2013 年 9 月 5 日 9:04 AM
パブリック より:

「特定秘密の保護に関する法律案の概要」に対する意見募集について
(所管府省・部局名等 内閣官房内閣情報調査室)
意見・情報受付締切日 2013年09月17日

 上記パブリックコメントの受付が行われているとの各種報道で、法案の危険性への警鐘が鳴らされている様です。
 以下の点などにも鑑み、国民の知る権利を奪うことになりかねない。
 内閣経験者を含む国会議員及び、対象事案に関する国会での発言も処罰対象となる点で、国権の最高機関のへの制限が加えられることや、原発事故などの国民生活に直結する案件ですら、対象事案とされる懸念があることなど。

2013 年 9 月 9 日 9:52 AM
yousei より:

パブリック様

井出ようせいです。ありがとうございます。
私もこの法案は、同じ危機意識を持っています。

井出庸生

2013 年 9 月 18 日 7:38 AM
パブリック より:

ご返信くださり誠に有難うございます。
詳細は未承知ですが、報道によると、国民の知る権利や報道の自由の保護を盛り込んで修正される様です。
貴殿には国会議員というお立場で、内容をご吟味戴き、上辺だけの誤魔化しが行われない様に監視くださることをご期待申し上げます。

2013 年 10 月 15 日 12:46 AM
yousei より:

パブリック様

井出ようせいです。ありがとうございます。慎重凪論を求めてまいります。

井出ようせい

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて