臨時国会 開会にあたり   2013 年 10 月 14 日

街頭14日

明日から臨時国会が始まります。会期はいまのところ、12月上旬までといわれていますが、議論するべきことは山のようにあります。

 

まず、原発汚染水対策。今月11日、福島第一原発にいってきました。放射線量の高いところも、マスクや防護服を着て見てきました。燃料が溶けた、メルトダウンのあった1、2、3号機はいまも、直接中の様子を確認することができない状態が続いています。問題となっている汚染水は、漏れはもちろんですが、福島第一の敷地内には、汚染水をいれたタンクが増え続けている現実があります。対策に投入する予算や意気込みはあっても、具体的に、技術的にどうやって対策を進めていくのかが、いまだ見えていません。今国会で徹底議論して、対策に道筋をつけてまいりたいと思います。

 

消費増税を安倍総理が決めた後、初めての国会となりますが、「増税をするなら行政改革とセットで」、「増税せざるを得ないというならば、税金のムダにメスを入れることと必ずセットで」ということを引き続き訴えてまいります。消費税を上げるだけでは、国の借金は減りません。増税だけで、増え続ける社会保障費に対応しきれる訳でもありません。国の仕事、財産を、聖域なく見直す財政再建。国会議員や官僚が身を切る改革をやらない限り、問題は先送りと言わざるを得ません。社会保障制度も、世代間の格差をなくす抜本的な議論が必要です。明日からの国会にあわせて立ち上げる超党派の勉強会が、議論を進める一助になればと思います。

 

TPPの交渉状況についても議論が必要です。交渉をまとめるのが日本の役割になってしまっていると、最近の報道をみて危機感を持っています。交渉に参加するのが遅かったのだから、国益を徹底的に主張する、国内でいわれている不安を交渉の場で訴えるスタンスこそ、日本のあるべき姿だと思います。

 

今国会では「秘密保護法案」が提出されると言われています。国の性格を変えかねない法案であり、徹底した議論が必要です。情報漏えいの危険性が高まっているとよく言われます。確かにインターネットの普及などを考えれば、そう言えないこともありません。しかし、それはまず、ネットのセキュリティー対策など、技術的な対策をとるべきであり、今回の法案が本当に抑止力になるのかどうかから、議論を始めたいと思います。また、国家機密でも30年、50年後には公開され、歴史の検証が可能となる仕組みづくりも必要です。かつて民主党政権が検討していた情報公開法も廃案となったままで、情報公開の制度設計をどうしていくかという議論は大きく遅れていることも、ふまえなければなりません。

 

「有権者の思いを政府に直接ぶつけていく」、「巨大与党が有権者の思いと違った方向に舵を切りそうになった時は、毅然と待ったをかける」こうした役割を果たせるよう、先の国会に続いて、多くの質疑、発言の機会に立ち、公のために資する質疑を展開してまいります。引き続きご指導ご鞭撻を、多くのみなさまの声をお聞かせ下さいますよう、お願い申し上げます。

??-34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は 2013 年 10 月 14 日 月曜日 7:06 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 3 件

2013 年 10 月 15 日 7:48 PM
第三区39 より:

 今国会こそ、井出様をはじめとする本物の国会議員諸兄の声が、日本の進むべき道を正しい方向に導くものと信じております。
 特定秘密保護法案について、仮に民主主義破壊につながる法案であるならば、今回の臨時国会において断固として廃案に持ち込むことが叶わなければ、真の意味での国民の代表による立法府としての国会は、日本には存在しないと思わざるを得ません。

 10月14日(月)信濃毎日新聞朝刊3面社説より
 民主主義の基本は、真実を知ることであり、知らなければ国民は意見を持てず、表明もできない。
 以下の例を挙げ、知る権利や報道の自由に配慮する項目を盛り込んだにせよ、小手先のごまかしにすぎなければ、真実に向き合うことを阻む特定秘密保護法案が持つ本質的な問題は、何ら変わらないと論じられている。
1.秘密指定分野に関する別表につき、各分野に「その他の重要な情報」を例に、特定秘密が際限なく広がる余地がある点
2.既存法律との整合性が不明な点につき、以下の指摘がされている。
(1)例えば、2006年施行の「公益通報者保護法」では、秘密指定内容の不透明さから、不適切運用や不正の内部告発を行いにくい雰囲気が醸成されかねないこと
(2)あるいは、2011年施行の「公文書管理法」では、特定機密を得ている公務員に、情報提供を求める行為が処罰対象になる可能性から、情報にアクセスする側とされる側の双方が委縮し、結果として為政者の権力強化が、国民の目に見えない形で進む構造は、戦前、戦中と同じであること

2013 年 10 月 16 日 12:05 PM
瀬在澄明 より:

みんなの党、結党理念に基づいて行動するべきです。

くだらない事ですが、ネット上では、
党首は奥さんに頭が上がらず党の事まで言いなり、そのせいで
長く勤務していた秘書が辞めた
ってあります!!

党の体たらくでこんな状態です。知ってましたか?

汚染水問題、大事な事です。
でも、立ち入り禁止区域に住んでいた方達の状況はどうなってるんですか?
避難したままですよね。
もうそろそろ、ここには住めないって結論を出すべきじゃないですか?
市町村単位で移動するべきです!!

2013 年 10 月 16 日 3:54 PM
モダンタイムス より:

久しぶりに、コメントさせて頂きます。
井出さんに、いくつか意見をさせて頂きたいと思います。

①「DRYの会」について。私もこのブログで何度も、みんなの党と「民主党の良心的な議員の方々」との連携を意見させて頂いたので、こうした会合は歓迎したいのですが、これも何度も意見させて頂いた通り、維新との連携には不安も感じます。私の穿った見方かもしれませんが、失礼な書き方をさせて頂くと、維新の議員の方には「戦前のような社会への回帰」を理想としている方もいるように感じます。(ただ、桜宮高校の体罰問題等を受けた、最近の橋下市長の真摯な取り組みや発言を見ていると、維新が他の野党と連携することもありかな、とも思えます。)もし、今後も井出さんが「DRYの会」のような会合に出席されるようであれば、無理でない範囲で結構ですので、このブログ等で情報発信をお願いしたいです。あと、以前意見した「緑の党」とも連携し、「DRY+G」というのも面白いかな、と思います。(「みんなの党と緑の党が連携すると面白いのでは。」というのは、私が住んでいる市の緑の党の市議の方にも意見しました。)

②この記事についての意見。まず、社会保障について。やはり、みんなの党のベーシックインカムの考えはいいと思います。自信を持って訴えて頂きたく思います。(このことがあるので、私は緑の党との連携も面白い、と思うのですが・・・)次に、TPPについてですが、TPPに限らず、わが国が諸外国との自由貿易を一層推進するのであれば、BOP(ベースオブピラミッド)の視点が必要だと思います。わが国の工業技術は優れているので、BOPの方々をターゲットにした「最低限の機能だけを備えた、優れた工業製品の開発」は面白いと思います。池上彰さんの話によると、わが国は意外とこういうことに弱いそうですが・・・「秘密保護法案」については基本的には井出さんのおっしゃる通りだと思います。真摯な議論を期待します。

④角さんについて。「今さら?」と思うかもしれませんし、井出さんのブログでこのようなことを書くのも失礼と思いますが、ご容赦ください。もし、角さんが今後、衆議院選挙に出られる(私は角さんは、参議院議員よりも衆議院議員に向いていると思います。勝手にこんなことを書いて申し訳ありません。)のであれば、茨城、東京、長野の3都県のいずれかの選挙区からの出馬が望ましいと思います。もし、3都県ではないところから出馬すれば(他党の候補者の方でこんなふうに選挙区をコロコロ変えた方がいましたが。)、「有権者をバカにするな!」ということになると思います。(私的には、次期衆院選で長野2区から出馬されれば、とてもうれしく思います。このことが非常に厳しいことは承知していますが。)

今日も、メールアドレス書かなくてすみません。(めったにメールをしないので、アドレスを書いた紙がないと打ちこめないので・・・)

臨時国会がはじまり、井出さんも苦労されると思いますが、体に気をつけて頂き、今国会での活躍も期待しています。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて