特定秘密保護法案について   2013 年 11 月 17 日



20131117-134151.jpg
7日の本会議を皮切りに、特定秘密保護法案の審議が続いてきて、来週、衆議院の議論は大詰めを迎えようとしている。
20131117-134213.jpg
連日質問に立ってきたが、以下のようなポイントを訴えてきた。まず、仮に政府が都合の悪いことを秘密とした場合、義憤にかられて告発した人や、それを受けとって広く発信した人を守ること。これは報道機関だけを守るのでは不十分だ。インターネットの普及によってあらゆる人が、広く情報を発信することができるようになり、直接的な告発だとか、誰かにその情報を託すとか、そういった線引きも昔とは違う。公になった情報が、真に公益性があり、国民がこれを支持した場合、告発者は守られるべきである。政府からすると、「やましい秘密はありえない」というスタンスだから、私のいうことを認めるはずもなく、最後はやはり、裁判でということになる。告発者などが刑事裁判にかけられた時に、検察側は立証責任を果たさないといけない。仮に、やましい秘密が暴露された場合は、くれぐれも慎重な対応を求めたい。このことはこれまでの議論で何度も政府に問いただしてきた。
20131117-134309.jpg
また、多くの人が秘密に際限がなくなることを不安に思っている。国会でもほとんどの政党が問題視している。
20131117-134326.jpg
かつてマックス・ウェーバーは100年も前に「機密という概念は官僚の発明物だ」と看破したと言われているが、国会を含め、第3者が監視をする仕組みが非常に重要だ。また、役所が秘密を独自にどんどん指定し、内閣のリーダーシップがきかなくなれば、官僚の思う壷だろう。
20131117-134352.jpg いま、野党各党が自民党に修正を持ちかけて、協議が始まっている。反対だけをしていては、自民公明の多数で審議を打ち切られ、政府原案が通ってしまうので、まず修正協議をするというのは、1つのやり方だと思う。修正協議の過程、結果をみて、賛否を明らかにすることになるだろう。
この記事は 2013 年 11 月 17 日 日曜日 5:15 AM に投稿されました。

コメント / トラックバック 31 件

2013 年 11 月 17 日 9:25 PM
高橋 より:

特定秘密法案 是非 反対の声をお願いします。 国民は勿論、議員さんの皆さんも手も足も出ない仕事にならないですよね。
本当にみんなで声をあげ阻止したい! 私も周りの人に話 伝えています。 頑張りましょう

2013 年 11 月 18 日 1:00 PM
うすい より:

秘密法に断固反対してください。お願いします。修正案もなんら、問題に対処していません。特定秘密の指定範囲なし。指定範囲が相変わらず幅広すぎる。指定延長は原則としてできないとしてるが例外の例示もないため、例外がいくらでもできる。第三者による指定の妥当性のチェックは、情報そのものでなく、件数など概要が示されるだけ。国民が、みんなの党の働きに注目しています。

2013 年 11 月 19 日 12:29 AM
硲野 徹 より:

秘密保護法案は行政による情報統制を強化し、中央官庁の権限強化と権益拡大をもたらします。官僚支配の打破を掲げる貴党は、まずは正面から廃案を求めるべきです。中途半端な妥協は絶対しないでください。

2013 年 11 月 19 日 12:47 PM
第三区39 より:

審議打ち切り阻止の方策が、総理大臣に秘密指定権限を持たせるというのでは、情けないの一語に尽きます。本法案の非民主主義的欠陥を明らかにし、廃案の機運を全国民的論議にまで高めることで、一般民衆の目を覚まさせ、官僚及びこれと組む政治家やマスコミの主導による今の政治の非が是正されることを望みます。

2013 年 11 月 19 日 3:49 PM
SHIMODA より:

特定秘密法案に対し、みんなの党が修正協議の結果、賛成に回るとの報道がなされており、強い危惧と憤りの思いでいます。今回のみんなの党の修正でも、国民の基本的人権である知る権利が担保される保証は全くありません。是非、党内でも反対の主張を貫いてください。
もし、賛成に回るようであれば、佐久地域在住の多くの友人知人に、次回の選挙では井出議員を支持しないよう、最大限強力に働きかける所存です。
どうか,後世に取り返しのつかない禍根を残すことのないよう、勇気ある判断と行動を期待しています。

2013 年 11 月 19 日 4:53 PM
市川一実 より:

カノ国はSNSを監視下に置き、規制の対象としている。本当の事を知られるのが怖いから。日本で今、SNSを規制しようとしても口実が無い、「なら作れ、なんでもかんでも秘密にして、口を塞いでしまえ。」そんな本音が漏れてくる。と、この様な発言をすると公安にしっかりマークされる世の中ってドウヨ?

2013 年 11 月 19 日 5:21 PM
市民 より:

今衆議院国家安全特別委員会の井出議員の質問を見ています。ずっと見ていました。三木さん以外の参考人はこの法案の問題点をまったく理解しておらず、議論に足りません。三木さんのご指摘を聴いてお分かりになったと思いますが、一部修正では絶対ダメです。廃案しかありません。仮に三木さん以外の参考人のような人間が運用したらどうなると思いますか?この委員会の議論そのものが法案の危険性をあぶり出す結果になっていると思います。党全体でぜひ反対、廃案へ向けてご尽力ください。

2013 年 11 月 19 日 6:23 PM
近藤 より:

秘密保全法に反対してください。
この法案は国民の「知る権利」をないがしろにするだけでなく、民主国家の根幹である三権分立をも脅かすものです。日本の民主主義を守ってください。

http://mainichi.jp/shimen/news/20131113ddm004070011000c.html
−−政府は法案の「別表」で秘密の範囲を示しており、「知る権利」への配慮規定を盛り込めば十分だと主張しています。
 自衛隊法の改正を受けて指定が始まった防衛秘密がどのように管理されているのか、情報公開請求して調べてきました。防衛秘密は2007〜11年に新たに約5万5000件が指定されたのに対し、解除は1件しかありません。部局ごとの内訳はすべて黒塗りで、どの部局が何件秘密に指定したかの情報すら非開示でした。こうした運用が法案成立によって外交、スパイ活動防止、テロ防止の分野に広がれば、国民に対する説明責任がますます果たされなくなります。法案で秘密の範囲を定めた別表の文言は、例えば「防衛に関し収集した電波情報、画像情報その他の重要な情報」などと幅広く、事実上政府の判断で何でも指定できるようになっています。

2013 年 11 月 19 日 11:18 PM
白倉 より:

ご苦労様です。「強きをくじき、弱きを助く」に期待を寄せる選挙区民の一人です。
 多くの各界の知識人・国民が国家のありようを左右する問題として反対を表明している「特定秘密保護法案」。私も法案に危惧している国民の一人です。先日お亡くなりになった井出さんの好きな作家:山崎豊子さんはご存命でしたら何とおっしゃったでしょうか?
「どんなに高い壁や、深いしがらみが立ちはだかっても、決してあきらめない。自らを律し、よりよい社会をつくる信念を持ち続ける。信念をもつとともに多くの人たちと議論を重ね、よりよい社会のために、決断できる政治家になります。」の決意をお持ちの井出さんに私は期待をしています。「特定秘密保護法案」を廃案への努力をお願いします!

2013 年 11 月 20 日 5:51 AM
とらひげ より:

ただでさえ、隠し事だらけなのに。
国をよくしようとしている人たちの足下を鈍らせるだけでなく
逆らえば罰を与える。
そんな世の中にしないでください。

2013 年 11 月 21 日 9:18 PM
小布施町 中村 より:

がっかり、しています。みんなの党にも井出さんにも期待をしていましたが、修正協議をしてその何を評価して賛成したのか理解不能です。ましてや井出さんも協議の場に出ている映像が流れているのを見て、本当に何をかいわんやの心境です。NHKの記者をしていた、そのキャリヤや想いはどうしたんですか?せめて、ひそひそ話ししか出来ないような自由のない国にしないでください。

2013 年 11 月 21 日 11:46 PM
強きをくじき弱きを助く時 より:

特定秘密法案への反対集会の広がりとともに、マスメディアもようやく重い腰を上げ始めました。
本法案が国民の意に反することは火を見るよりも明らかと言わざるを得ません。
国民大多数の反対の気配を感じ、事が大きくなる前に人知れず成立させ様とする自公政権の目論みの化けの皮が剥がれる時です。
与党と合意したと見せて法案反対もちらつかせる党もあり、民意を敏感に察知しての反応に思われます。
権力者による恣意性を回避する手立てのない特定秘密指定により、際限なく情報が隠蔽され、秘密の内容すら明かされないまま、権力に異を唱える者への不当な扱いも想定される本法案の理不尽さを隠し通せるものではないと信じます。
無言の圧力に屈せず、正論を掲げる真の民主主義精神を持つ政治家が、本法案断固拒否の国民の声をこころある国会議員に呼び掛け、眠った眼を覚ますことで、本法案廃案ののろしを上げ、自公政権打倒の起爆剤とすべく、今こそ動くことを切望します。

2013 年 11 月 23 日 12:09 AM
ツワネ原則 より:

ツワネ原則という国際ガイドラインがあるそうですが、福島瑞穂議員への答弁で、首相は「民間の取り決め」と述べ、取り合わない様子が中継されました。
現政権の姿勢がよく表れていました。
もっと早い段階で、論議に上がってこないことが、問題と思われてなりません。
(関連サイト引用)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/protect_national_secrets/?id=6098257
特定秘密保護法案を問う:国際指針「ツワネ原則」に照らし見直しを
Yahoo! ニュース
(略)日本弁護士連合会は「原則に照らし、秘密指定の範囲や方法、期間、解除方法、処罰対象など多くの欠陥がある」と指摘。「法案をいったん白紙に戻し、全面的に見直すべきだ」と訴える。

2013 年 11 月 23 日 7:50 AM
臼田のS.TAKANO より:

特定秘密保護法に断固反対して下さい。11月23日付信濃毎日新聞では、みんなの党が合意した修正案では「修正で『知る権利』後退も」との見出しで懸念を報じており、法案の根幹に何の改善も見られません。貴議員は元NHK記者として報道の自由、国民の知る権利を守ることの大切さを深く認識されていることと思います。信濃毎日新聞の社説では、一貫して秘密保護法の廃案を求めており、唯一の救いです。稀代の悪法に「みんなの党」は賛成し、貴議員もその一員となってしまうのでしょうか。それとも、党の方針を変えることに奮闘し、郷土の尊敬される政治家となられるでしょうか。地元選挙民は、注視しております。

2013 年 11 月 23 日 11:17 AM
みんなに投票した人 より:

特定秘密法案に賛成とはがっかりです。修正ということではなく反対するべきだ。
反対しないのであれば支持はしない。

2013 年 11 月 24 日 11:14 AM
まるさん より:

井出 様

日々御活躍のご様子。
特にここ2週間は超多忙でしたでしょう。
お疲れさまです。

さて、特定秘密保護法 について、
私の思うところを書かせていただきます。
一応申し上げておくと、
マスコミ報道・解説 というのは
制作者側の意図(バイアス)がかかっているので、
それは極力参考にせず、法案を読み、国会での審議動画と
政治家本人の発言動画を観ての思うところです。

まず、みんなの党 として与党と法案修正協議を行い
合意に至ったことについて、私は一定の好評価をしています。
問題のある「法」には、
①その法自体が問題があるもの 

②法の運用および解釈(拡大解釈)によって問題が生じるもの
があると思います。
①の例とすると「消費増税法案」がそれにあたるものです。
対して今回の「特定秘密保護法案」は②にあたると思います。
①の場合は修正云々ではなく反対しかありません。
②の場合、キャスティングボードを握っていて、
反対で廃案にできる状態であれば、今回のケースは反対で良いのでしょう。
しかし現在の国会状況では単純に反対しても可決成立してしまうので、
通ってしまうのであれば、原案より より良い状態に修正をするのは
まっとうな判断だと思います。
修正については、運用の厳格化と拡大解釈の余地を極力制限し、
悪運用しにくくするのが肝だと考えます。
与党とみんなの党の修正内容についてですが、
この週末ネットでいろいろ探しているのですが、
残念ながら私は修正内容の文書を入手できていません。
どこかにアップされていますか?
いずれにしても、浅尾幹事長の発言を見る限りでは
拡大解釈の余地があった部分はある程度修正されたようで、
その点でも評価しています。

次に法案自体についてですが、
元の政府案はかなり曖昧で大きな禍根を残すもとになりそうな
法案だと思います。
あれではいくらでも拡大解釈できてしまう。
19日の委員会で井出さんが
「その他 で大きく括ることはやめて、
 法文が長くなっても 想定されている
 内容を明記して厳格化すべきだ」
という内容で質問されていましたが、
そこが非常に重要なところだと思います。
また、運用に関して言うと、
時の政権が都合の悪いことを国家機密に指定して
隠す恐れがあるという問題については、
当初は若干の不安がありますが、
政権交代をすれば白日の下に曝されるので、
そういった事例が一度でも出れば解消されると思います。
国民の知る権利・取材の自由の制限・内部告発者保護といったこと
については、不安はあるにはあるのですが、
反対派の人たちの言う極限的状態は行き過ぎで、
特定秘密保護法の無い現状と大きな違いが出るかというと、
現代国家においては、そこまで行き過ぎたことにはならないと
想像しています。
また、そういった不安は、政治が信用を失っている証拠で、
不安を心配することよりも信用できる政府を作る方に
力を注ぐべきかと思います。

いずれにしても、じっくり時間をかけた審議が必要なのですが、
現在の与党のパワーでは仕方がないのですかねぇ。
井出さんも修正協議を行った本人ですから、
針のむしろで批判も受ける擬似与党の体験ですね。
辛いことも多いかと思いますが、
批判にも良い意見は多数ある。
真摯に受け止め、今後に活かしてください。
この経験は必ず今後の糧になります。

今後 ますますのご活躍を願っております。

追記;修正協議の合意内容の文書がどこかにアップされていれば
教えていただきたいです。一読したい。
あと、みんなの党HPにリンクされている修正協議後の
ぶら下がり会見動画の山内さんの声が小さくて聞き取れません。
改善を要望します。

2013 年 11 月 24 日 8:38 PM
暗黒社会日本 より:

以下の様な報道に接し、特定秘密保護法案への危惧が深まります。
・国会委員会審議は枝葉の議論にとらわれ、罪刑法定主義との関わりなどの肝心な部分の追及が行われていない点
・共謀が罰則に含まれ、情報を取得しようとした側にも適用され、情報漏えいという結果が発生しなくても、治安維持法のように、その前段階で取り締まることができる。
・共謀等への自首による刑の減免規定から、監視社会になる心配
・通信傍受法の対象拡大が、法相の諮問機関、法制審議会の特別部会で検討され、特定秘密保護法案の共謀罪の様に、立証しにくい罪が、通信傍受の対象になる可能性が高い。
(参考)
特定秘密保護法案(抜粋)
第7章(罰則)
第二十四条 第二十二条第一項又は前条第一項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽動した者は、五年以下の懲役に処する。
 2 第二十二条第二項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽動した者は、三年以下の懲役に処する。
 第二十五条 第二十二条第三項若しくは第二十三条第二項の罪を犯した者又は前条の罪を犯した者のうち第二十二条第一項若しくは第二項若しくは第二十三条第一項に規定する行為の遂行を共謀したものが自首したときは、その刑を減軽し、又は免除する。

2013 年 11 月 25 日 1:06 AM
立法府とは より:

特定秘密保護法案についての報道で、共謀(共同謀議)の自首による罰則減免に関して、潜入させたスパイに自首させて共謀者を処罰することに、治安維持法との共通性が指摘されていた。
これを例にとっても委員会で審議されたとの報道には接しておらず、法案全般を通じて、慎重な審議が必要であると感じる。

また、法案採決に関する以下の報道も、立法府が軽視されている表れと感じる。
報道によると、四党が共同提案する方針の修正案は、現時点では特別委で二十六日に採決した後、その日のうちに衆院本会議で採決し、衆院通過させる方針。
これについて、みんなの党も同調するとのこと。
修正案提出前に採決日程を決めようとする背景には、十二月六日の会期末までに参院で十分な審議時間を確保できず、今国会成立が危うくなると考えることがあるとして、さらに、国民の権利にかかわる重要法案の修正案を、提出からわずか一日で採決するのは拙速との批判を免れないとの指摘が加えられている。

2013 年 11 月 25 日 10:49 AM
佐久の住人 より:

井出議員の質問は最もだと思います。政府与党は何故この法案の成立を急ぐのか
私には理解できません。外国にも同様な法案があると聞いていますが審議には
数年かけているといいます。数週間の審議で修正協議中なのに今週中に採決したいとは
理解できません。修正・合意してから全政党を交えて審議するべきです。どんな修正結果となるかは「決まっている」から26日採決するなどいうことになるのでしょう。
しかも国民の立場から見れば、修正案は自民党案より後退(悪化)していると思います。
30年==>60年でも良い==>必要と求めれば永久に秘密にできる。秘密指定は政府が決める。総理が秘密指定の運用は第三者(第三者とはいえない)として関与する。
等々、あまりにもいい加減だと思います。
諸外国のジャーナリストも法案の内容と採決の急ぎすぎに疑問と反対意見を発しています。

井出議員にお願いしたい。
長野県民が選出した国会議員として恥ずかしくないようこの法案に「反対票」を入れてください。そうすれば、所属する党が見放しても長野県民はこれからも井出議員を支持すると思います。

2013 年 11 月 25 日 8:47 PM
pooh より:

メールを送ることも、政治家の方にお便りすることも初めてです。特定秘密保護法案に強い危機感を持っているので何かしなくてはという思いでメールをいたしました。制定されてしまったら、どこまでが秘密とされるのかどうにでも解釈できてしまいます。戦前の治安維持法と同じ道をたどることになるのではないでしょうか。情報公開の流れにも逆行しています。60年後では“闇に葬る”と同じことだと思います。未来に恥じない法律であるでしょうか。ぜひ廃案をお願いします。

2013 年 11 月 25 日 8:48 PM
pooh より:

メールを送ることも、政治家の方にお便りすることも初めてです。特定秘密保護法案に強い危機感を持っているので何かしなくてはという思いでメールをいたしました。制定されてしまったら、どこまでが秘密とされるのかどうにでも解釈できてしまいます。戦前の治安維持法と同じ道をたどることになるのではないでしょうか。60年後では“闇に葬る”と同じことだと思います。情報公開の流れにも逆行しています。未来に恥じない法律であるでしょうか。ぜひ廃案をお願いします。

2013 年 11 月 26 日 11:57 AM
鳥毛道夫 より:

ついに委員会で強行採決してしまいましたね。党首が安倍さんとお友達でみんなの党の修正案を丸呑みしてもらったから、ですね。
自民党にすり寄る見苦しい党首をいただいていることにどう思いますか。
みんなの党は、これだけ多くの国民が反対し、慎重審議を求めていることをまるで知らないかのように見えます。国民の声を聞く政党ではないことを証明したようなものと言えます。
まあ、もともと自民党出身なんですから、その程度のものなんでしょうね。

2013 年 11 月 26 日 5:17 PM
市川一実 より:

山本宣治が泣くぞ。

2013 年 11 月 26 日 6:02 PM
gnb より:

ニュースで拝見しました。
感謝と応援の気持ちを伝えたく投稿させていただきます。

2013 年 11 月 26 日 6:02 PM
九州男児 より:

自民党支持者ですが、拙速な強行採決には納得できません。
恣意的な情報コントロールが行われる可能性があると、国民
の不信はぬぐいきれていないのに。憲政の歴史に残る暴挙です。
政党人として長いものにまかれないで下さい。応援しています。

2013 年 11 月 26 日 7:03 PM
井原義博 より:

みんなの党は良識ある政党だと思っていましたが、・・・天下の悪法に賛成してしまうとはがっかりです。(元党員)
もう応援しません。

2013 年 11 月 26 日 7:33 PM
ぴっぴ より:

一人で大変でしょうが、頑張ってください。
応援してます。

2013 年 11 月 26 日 9:17 PM
臼田のS.TAKANO より:

勇気を持って反対されたことに、心からエールを送ります。良識ある参議院の自民党議員、みんなの党の議員を説得し、何としても秘密保護法を廃案に追い込んで下さい。

2013 年 11 月 27 日 6:09 AM
市川一実 より:

みんなの声を聞ける井出ようせい、一人じゃないぜ!

2013 年 11 月 27 日 7:38 AM
みんなに投票した人 より:

素晴らしい決断です。党の処分など大したことじゃない。この悪法を他人に引きずられて成立させてしまったときの後悔に比べれば。頑張ってください。

2013 年 11 月 28 日 8:49 AM
信州人 より:

みんなの党を良識の党と思って応援してきましたが、井出議員のように真剣に前向きにかつ深く考えて正しい行動する議員を処分すると脅すなど一般人の良識から大きくはずれています。脅しでことを進めるなら民主主義はどこに存在するのでしょう。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて