新盆   2014 年 8 月 15 日

お世話になった方がこの1年間で何人か亡くなったので、ことしも新盆回りでお線香をあげてきた。

小海町では、98歳のおばあさんが今年6月に亡くなった。初めてお会いしたのは3年前で、私が小海町で自分の政治活動のチラシを一軒一軒配って歩いていた時にお会いした方だった。おばあさんは「私はもうすぐ96だよ」「若い者が頑張りなさい」「一度やると決めたのだから覚悟をきめて必死でやらないとだめだよ」と励ましてくれた。当時は参院選の落選から一年がたって活動を本格化し始めたころだったから、かなり励みになったことを覚えている。

それから1年後、私は自分のポスターを貼っていただきたいとご縁のある方にお手紙でお願いした。たくさんの方に応じていただいたが、そのとき、事務所に「私のところは場所がいいから何枚でも貼りなさい」と電話してきてくれた。ポスターを貼りに伺ったときも「覚悟をきめて必死でやらないとだめだよ」繰り返し励ましてくれた。

高齢のため、寒さの厳しい冬は首都圏の親戚に身を寄せていたのでお会いする機会は少なかったが、とにかくお元気な方だった。昨年末に体調を崩してからも、病院の方が驚くほど回復をみせ、亡くなる直前までお元気だったという。

孫とひ孫は合わせて22人、賑やかなお盆だった。

苦しい時に、快く応援してくだったことへの感謝は、言葉では言い尽くせない。きっと天国で安らかにお休みいただいていることと思う。改めてご冥福をお祈り申し上げます。

この記事は 2014 年 8 月 15 日 金曜日 8:21 PM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて