【2016.09.16】定時制通信制生徒生活体験発表会   2016 年 10 月 15 日

定時制通信制生徒生活体験発表会。

新聞での告知記事をたまたま見つけ、傍聴に。

 

いじめに遭った、コミュニケーションが苦手、学校のペースについていけなかった、様々な事情から勉強が遅れた。

何らかの挫折を経験し、取り戻そう、乗り越えようとする子どもの努力が伝わる、いい発表会だった。

「足元と後ろしか見ることのできなかった自分が、前を見て歩くことができるようになった」ある生徒が言った言葉には、ジーンときた。

 

子どもは、様々な出来事に、大人よりも多感。だから、傷つくこともあれば、大きく変わることもできるのだろう。

自分の中高生活を思い出した。

大人も、一つひとつの出来事にもっと向き合って、変わらねば。

 

定時制、通信制は、もっと広く認知、浸透してもいい学校教育だと思う。そんな思いを抱きつつ、来週、野沢南高の定時制へ視察に。

(2016.09.16 FBより転載)

 

14291734_1089330151143356_6154402479438629554_n

 

 

この記事は 2016 年 10 月 15 日 土曜日 10:06 AM に投稿されました。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて