【週間予定】10月27日(土)〜11月2日(金)   2018 年 10 月 26 日

  27日(土) 終日地元。上田市 上田地域産業展2018、長野市、など。
  28日(日) 終日地元。佐久市 平尾山紅葉まつり、佐久地域こどもまつり、街頭、など。
  29日(月) 終日東京。本会議予定。
  30日(火) 終日東京。本会議予定。国会見学お迎え 佐久穂町 佐久穂小学校、佐久市 野沢小学校、佐久東小学校、上田市 長小学校、など。
  31日(水) 終日東京。国会見学お迎え 佐久市 佐久平浅間小学校、坂城町 村上小学校、など。
11月1日(木) 終日東京。国会見学お迎え 佐久市 平根小学校、など。
   2日(金) 終日東京。

※予定は予告なく変わることがあります。変わった時は分かり次第更新しますのでご了承ください。

この記事は 2018 年 10 月 26 日 金曜日 8:14 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 1 件

2018 年 11 月 1 日 3:42 PM
モダンタイムス より:

本当に久しぶりに、コメントさせて頂きます。

数年ぶりのコメントになりますが、2年ほど前から、井出さんと考え方が合わなくなってきているように感じてきました。
このことは、井出さんが悪い、というより、私の社会に対する認識の甘さ、勉強不足が主因だと思っていますので、気にしないでください。その上で、生意気かもしれませんが、井出さんも関わっていると思われる、県内の旧民進党や野党の人たちの動きについての感想を書かせて頂きます。

旧民進の人たちは「民主党政権よ再び」と考え行動しているのが見え見えですが、この方々がまとまって(ありえない話だと思いますが、仮に社民、共産、緑の党までも糾合したとしても)政権奪取を訴えても、現在の野党の人たちが訴えている「内容」では、残念ながら私は自公政権と比較した「この国の目指す方向性」の違いが全くといっていいほど分かりません。

私は、09年から12年までの民主党政権を評価していますが、その理由は、この国が「理不尽なことに耐えることが大切だという考え方」に支配されているのでは、という問題提起をしてくれたからです。これは、美濃部都政、田中康夫長野県政、93年から94年の非自民政権、自社さ政権でもできなかったことだと思いますので。

私は、この問題提起に対する解決策の提案を旧民主党の人たちに期待したのですが、今の今に至るまで「いいものを提案してくれた」と感じることがありませんでした。
実は、その頃、みんなの党の政策を読ませてもらい、緑の党の政策とミックスした政策を両党でつくってもらい、旧民主党の人たちに丸呑みしてもらえば、この国もいい方向に向かうのでは、と期待して、何度も井出さんにコメントさせてもらいました。
(ちなみに、現在の私は、もっと社会民主主義的なスタンス、政策が今のわが国には必要だと思い、その点が自由民主主義的だと感じる井出さんとの政治的な考えに違いを感じたところです。このコメントの最初に書いたことの説明になりますが)

私も、以前コメントしていた頃と政治的な考え方が大幅に変わってきているので、旧民進はじめ野党の人たちの批判をして申し訳なく思うのですが、それにしても旧民進はじめ野党の方々が目指す「この国の方向性」が全く見えない(と私は感じますが)中で、「新政信州(だったと思いますが)」などといった会派の結成や野党共闘(これも私には野党が目指すこの国の方向性が全くといっていいほど見えません)というのは何を考えているのだろう、と思います。

このように書きましたが、井出さんと考え方は違ってきても、井出さんのスタンス、政治姿勢は、わが国の政治に必要だという考えは変わっていません。以前は反対でしたが、過去の他の方のコメントにあったように「自民党で活躍する」というのも、今の私には悪くないのでは、とも思います。(失礼ながら、私は支持しかねますが、まっとうな自由民主主義は今のわが国に必要だと思いますし、井出さんにはそういったスタンスを期待できると感じています)

長文、失礼しました。体を大切にされ、ご活躍されることを期待しています。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて