日本の真ん中   2010 年 6 月 16 日

こんにちは。

きょうは飯田スタート。地元の方の案内で南をまわっています。

 昨夜からの雨で、天竜川の水かさが相当増えたようで、茶色の濁流になっていました。

挨拶にいったあるお店では、用水路が溢れたようで、ご主人が掃除をしてました。

売木村では、ある方が、「この村は日本の真ん中なのに、東京に五時間半かかる。札幌や沖縄の人よりも東京が遠い。

とにかく道路を整備してほしい」と話していました。 確かに村に行くまで、細くてくねくねの道が多く、道路事情の厳しさを痛感しました。

採算に見合う道路だけ新設すると、もはや東京、大阪ぐらいにしか大きな道路は作れませんが、

道路は地方の人の生活を支える大切なインフラです。生活保障の観点からみると、道路事業は採算だけで、白黒つけられる問題ではないと思います。

反響   2010 年 6 月 16 日

こんばんは。

きょうは、駒ヶ根、松本を回ってきました。一か所の滞在時間が長めでした。南はもっともっと行かないといけません。公示まで10日をきりました。

今朝、信濃毎日新聞で候補者紹介の記事が掲載されました。また、夕方には長野放送で候補者紹介の特集が放送されました。すぐに反響があり、驚いています。

ボランティアの希望をメールでいただいたり、ブログへのコメント、ツイッターをフォローしてくれる人も今日だけでかなり増えました。

きょうも別のテレビ局が、ツイッターやブログをしている様子の取材にきて、マスコミのWEBへの期待も大きいようです。それだけに、公示後にブログやHPが使えないのは本当に残念でなりません。

最近人出が足りず、ブログの写真や動画の新撮ができていません。きょうは駒ヶ根にいったということで、私のもう一つの趣味、バイクを紹介します。

実は駒ヶ根には4月にバイクで来たことがあります。バイクはHONDAのCB400Fです。

バイクが不調で駒ヶ根から諏訪に行くのに何度もエンストし、最終的には茅野のバイク店まで2キロぐらいバイクを手で押した思い出がよみがえります。

先日、そのバイク店の前を党の広報車で通過しました。次に通った時はちゃんと挨拶しないといけませんね。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて