上田   2010 年 7 月 22 日

今朝は上田にいました。

7時から8時前の時間帯は、駅に入っていく人がたくさんいます。

また、駅から出てくる人は上田高校の生徒さんも多いようで、

かなり大勢の方が利用しています。

私を応援してくれた方で駅にお勤めの方もいて、

きょうも温かい激励をいただきました。

 

明日から知事選挙が始まります。

選挙期間中に、選挙に候補者を立てていない、

または特定の支援候補者を正式に持たない政治団体は、

政治活動が制限されます。

候補者を立てていたり、特定の支援候補を正式にもつ政治団体というのは、

選挙管理委員会から「確認書」を交付された「確認団体」というそうです。

選挙期間中は、選挙に関係ない政治活動ができないと言われていて、

私なりに調べたところ

私がこれまでのように街頭に立つことは難しいようです。

しばらく街頭に立つことを控えようと思っています。

知事選が落ち着いた後で再開します。

先日、知事選の立候補予定者がそろった公開討論会に行きました。

景気・雇用対策や県の行財政改革、長野県としてどの分野に力をいれていくかなど、争点は多岐にわたります。

いまのところ、ひとつの争点を徹底的に議論するという選挙ではないようで、

有権者もどの立候補者を選ぼうか、

簡単にきめられる選挙ではないのかなと思います。

国政選挙直後の都道府県知事選挙は、

政党の勢いをみるということで全国的に注目されることが非常に多いです。

有権者の投票行動は、

候補者が支援をうける政党も、考慮される要素の1つだとは思います。

しかし、知事選挙は長野県の今後4年間のリーダーを決める選挙です。

各候補者が掲げる政策と、リーダーシップに注目したいと思います。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて