民主党代表選   2010 年 8 月 31 日

こんばんは。

民主党代表選はぎりぎりの調整の末、菅総理と小沢前幹事長の決戦となったようです。

代表選を行うと国政に空白を作ってしまうという意見があります。

しかし、私はとことんやるべきだと思います。

民主党は、長年の自民党政権に変わる新しい力になるために、

いろんな考えをもった人が集まりました。

そして、政権交代をしたあと、いろいろな考えを持つ人がいるが故に

何も前に進まない。この1年間迷走が続きました。

民主党が本当に国政を担う組織になるためには

組織の純化が必要です。

ここで民主党が談合して現体制を維持することは

日本の将来を、問題を抱えたままの政権に託すことになります。

政権交代だけが目的だった民主党には

この代表選で真の政権政党に脱皮してほしいと思います。

みんなの党は、民主党の代表選挙の中身を厳しく見ていくと思います。

私も佐久からその行方を注視したいと思います。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて