NHKへの想いと私の決断   2010 年 10 月 5 日

NHKは、皆さんからみると国営放送かもしれません。

しかし、NHKは国営ではなくて公共放送です。

税金ではなくて、受信料で支えられています。

それが、実質は税金と同じだという指摘も相当あります。

ただ、NHKには、いいところがあります。

それはNHKスペシャルや土曜ドラマなどで、

他にやれないことを放送できる力、国・政府と対峙する力、映画を超える力をもっています。

私がNHKを辞めたのは自分の夢のためです。

その一方で巨大組織に対するジレンマが、うまく言葉にできないけどあります。

私はNHKと決別して自分の道を歩むことを選択しました。

しかし、NHKの良さを理解しているので

NHKには公共放送としての役割を期待している。

それは、国営放送と言われないように公共放送の視点、

民意を反映するのがNHKの存在意義だと強く言いたい。

NHKが安易な道を選べば国営放送に過ぎない。

目指すべきは、民意を掘り下げること、公共放送にしかできない視点を持つことしかない。

今まで黙っていましたが、私が自分の道を選んだ背景はこのブログが真実です。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて