検察審査会の議決によって起訴が確実になった小沢さんはきのう、

「(検察審査会は)11人の委員ということと、平均年齢30歳ということしかわからない。

全くの秘密のベールの中に閉ざされている。

どういう議論がなされ、どういうことで結論がなされたのかは、

私にも一般の国民のみなさんにも全くわからない。

その意味でも起訴議決には驚いているし、残念に思っている…(きょう産経新聞より引用)」と

検察審査会の秘密性をとりあげて議決へ疑問を呈しました。

 

私は以前このブログで検察審査会の秘密性を問題提起しましたが、

小沢さんはまさに同じところを突いて反撃に出ようとしています。

小沢さんの場合は、サッカーでいえばレッドカードを突きつけられた人が

ルールやその運用に文句をつけるようなものなので私は同意しかねます。

検察審査会は今回の小沢さんの問題でクローズアップされ、

昭和23年から始まり、相当数の国民が選任されている定着した制度だということが報じられています。

 しかし、去年5月から権限が強化され、事実上の公訴権を有することになりました。

以前にも指摘しましたが、権限が大幅に強化された以上

改めて検察審査会制度を見つめる必要はあります。

権限が大きくなった以上、今回の小沢さんのような

大きな問題の議決については検察審査会として説明するべきです。

去年から始まった裁判員裁判は司法制度の大改革ということで、

メディアが、裁判所の必死のディフェンスと戦った結果、

いまのところ制度がイメージしやすいものになっています。

しかし、裁判員裁判の開始と同時期に権限が拡大された検察審査会については

メディアも、いつかきょうのような日がくることを予想しつつもそこまで力が及びませんでした。

しかし今回の小沢さんの問題で検察審査会についての国民の関心は大きく高まり、

その期待にこたえるのはメディアです。

小沢さんのためでなく国民のために、検察審査会のベールを明かす戦いをメディアに期待します。

 

こんばんは。

きょう、みんなの党本部が、次期衆院選にむけて全国各地の選挙区支部長を発表しました。

私は今回の発表に名前を連ねませんでした。

 

私は5月、参院選の出馬報道と同時に佐久市に移住しました。

そして2カ月弱の間、参院選を戦い

その後はブログに綴ってきたように、のんびり節約生活をしています。

選挙はやると決めたらできるだけ早く行動するべきだという意見はよくわかっています。

「信頼される政治を長野から」を信念に

信州の皆さんとともに国政に挑戦する想いに変わりはありません。

しかし選挙の前に、

「井出ようせい」個人として信州での生活スタイルを築きたい。

普段の生活で地元にできること、そして私自身学ぶべきことがたくさんあります。

猛スピードで駆け抜けた参院選が終わり、

時間がある今だからこそできること・やるべきことがあると考えています。

このような理由から、

今回支部長に名を連ね、すぐに選挙活動に入ることは見送りました。

みんなの党も私の気持ちを尊重してくれました。

これからもみんなの党の一員として政治の道を志し、そのための力をつけてまいります。

今後ともご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

 

マラソン   2010 年 10 月 8 日

こんばんは。私が10日に出場する「夢さく健康マラソン」が近づいています。

先日実行委員会から書類が来ました。私は、「ハーフ男子高校~39歳以下」に出場します。

あと3日しかないので「そろそろ夜更かししないで体調管理をしろ」って

自分で突っ込みながらブログを書いています(笑)

私のナンバーは「1103」番です。何人ぐらい出場するがわかりませんが、

とりあえず1103人はでるということなんでしょうか。完走目指して頑張ります。

マラソン大会は、沿道にたくさんの人がいるとランナーも盛り上がります。

私が以前出た大会には、地元の方がすべてのランナーに声援を送ってくれたこともあり、私のギアもあがりました。

当日の天気は分かりませんが、コースのご近所の方、よろしかったら見に来てください。

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて