組織益は公益ではない   2010 年 10 月 23 日

きのう、

「組織益は公益ではない」という言葉を、ある方から聞きました。

なんとなくそう感じていても、言葉にするとやはり重いです。

 

検察庁という組織の利益を追求するあまり、

大阪地検特捜部幹部らが犯人隠避・証拠改ざんをした事件。

無罪の人の公判を引き延ばす結果となった。

自民党に選挙で勝つことだけを目的に

甘い公約を乱発してきた民主党。

その後の政権運営から国益にかなうものは見られない。

 

でも、人はみんな社会生活を営む中で何らかの組織に属しています。

そうすると、

組織益と公益の区別がつかなくなる恐れは誰もが持っています。

 

組織益と公益の違いに気づきやすい人。それは、

組織に入ったばかりの若手や、

一線の現場で社会と接点をもつヒラの意見ではないか。

 

組織をよりよいものにするため、

よりよいものを作るためには意見を出し合わなければいけない。

良い意見に肩書や年功序列は関係ない。

つまるところ風通しの良さってことだと思います。

風通しの良さは誰もが認めるところ。

だから、もっともっと風通しの良さをいろんな場面で実現したい。

 

文字を大きく   2010 年 10 月 23 日

こんばんは。臼田に戻ってきました。

ブログの文字を、友人に頼んで大きくしてもらいました。

字が小さいと感じられた方がいたので、変えました。

ページのデザインから、このぐらいの大きさが限界と思いますがいかがでしょうか。

これで私の誤字も減りそうです。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて