足元をかためる   2010 年 11 月 1 日

こんばんは。今夜、久しぶりに靴を磨きました。

靴磨きは私の隠れ趣味です。

写真の白いスニーカーは、もう8年間履いています。

光のあて方でごまかしていますが、けっこう痛んでいます(笑)

下の黒い革靴も4年間履いています。

 

「部屋の乱れは心の乱れ」とか言われますが、

私の場合、「足元の乱れは心の乱れ」です。

毎日磨くわけではありませんが、

たまに靴クリームを塗って丁寧に磨き、

普段は布で軽く磨きます。

磨かない日が続くと、靴を履く時に

「ああ、磨かなきゃ」と思うようになります。

なぜ靴を磨くようになったかというと、

幼い時に父の靴を磨いて、小遣いをもらっていたことと、

野球部時代にスパイクを丁寧に扱うようになったからです。

磨けば磨くほど

世界で1足だけの自分の靴になるような気がします。

愛着ある靴で足元をかためたいと思っています。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて