尖閣映像をインターネットに投稿したと名乗り出た海保の職員を、

捜査当局が「逮捕しない方針を固めた」と報道されている。

この方針を評価することをまず述べたい。

私は以前このブログで

 「映像を政府が早期公開し、

海保職員の刑事責任に情状を認めるべきだ」と書いた。

それは、中国人船長を処分保留で釈放したことと、

映像を「中国漁船の故意の証」と誇っておきながら

公開を中途半端にしたことの、2つの大きな責任が政府にあるからだ。

 

NHKの報道によると、逮捕しない理由は3つ。

1つは「情報の秘密性」。

捜査の結果、海保内では誰でも映像を見ることができる時期があったことが分かり

守秘義務違反を問えるかどうか慎重な判断が必要になったようだ。

2つ目は「逮捕の影響」。

中国人船長を処分保留で釈放したことなどを考えると

海保職員逮捕の影響は計り知れないということのようだ。

そして3つ目は、「捜査の着地点が見えないこと」。

起訴できるかどうか現時点で判断できないから逮捕を見送り

任意で捜査を続けるという。

NHKのインタビューに応じた若狭弁護士(元東京地検公安部長)は

「現時点で起訴が難しいので逮捕を見送ったのではないか」と話していた。

 

とはいえ、この映像は海保職員や検察官でない限り触ることができないので、

海保職員の責任は免れない。

懲戒処分もあるだろうし、今後の任意捜査によって「略式起訴・罰金」。

または、「犯罪事実を認定して起訴猶予」という結論もあり得る。

捜査の展開によっては起訴の可能性がまだあるかもしれない。

しかし、身柄を拘束しないことを決めたのは大きな判断だと思う。

捜査当局が柔軟な判断をしたのか、

はたまた政治判断なのかは分からないが英断だったと評価したい。

 

私は中国人の船長の釈放についても、釈放だけは評価している。

領土に関わる問題で国民が他国に拘束されて黙っている国はない。

身柄の拘束を解くという政治判断はあってしかるべきだったと思っている。

しかし、処分保留という結論は許せない。

どうせ政治判断をするなら、略式起訴・罰金でもよいから、

「犯罪事実を証明した結論」を出して釈放するべきだった。

中国人船長の場合は公務執行妨害の疑いで、さらに否認をしていたから

略式起訴は通常ならありえないが、

真に高度な政治判断とはそういうものではないか。

 

身柄を拘束するということは、どんな場合でも重いことだと思っている。

 

私が以前ブログで書いた、

「西山事件」の西山太吉 元毎日新聞記者は

11月12日朝日新聞朝刊17面で次のように話している。

「今回の問題を受け、政府は機密保全に関する罰則強化に言及している。

掲げてきた旗印を捨て去る兆しではないか。

民主党政権は国家情報の公開こそが民主主義の要であるとして、

沖縄返還密約も徹底調査したはずだ。情報公開を大前提とした

枠組みの中で適切な情報管理がなされるよう、

国民もメディアも監視を強める必要がある」。

 全くその通りだと思う。

自民党時代の密約を認定したことは、今となっては唯一の政権交代の成果だった。

自らが権力の側に立ったからといって

情報公開を閉ざすような罰則の強化は時代の逆行だと思う。

さらにいうと、罰則を強化すれば必ず

その罰を乗り越えようとする者が出てくるし、

仮にその意図に正義があれば

刑事責任を負う英雄が再び表れるだろう。

西山元記者の名誉を回復した民主党政権だからこそ、

機密保全に関する罰則強化には慎重であってほしい。

酒蔵へ   2010 年 11 月 15 日

実家の酒蔵を少しですが手伝うことになりました。

きょうは寒く、

さらに冷え込む蔵で手伝いをしてきました。

きょうは酒の「搾り機」の部品の組み立てというか、

ひたすらネジをドライバーで回して終わりました。

酒のさの字も感じない仕事でしたが、千里の道も一歩から。

それらしい雰囲気になってきたら写真も添えて報告します。

リンゴの収穫の手伝いも予定にあるのですが、

収穫期が遅れているようで、連絡待ちとなっています。

 

時間のあるうちに自分の社会を広げるつもりです。

 

 

議員経費3   2010 年 11 月 15 日

議員歳費の削減についてさらに考えます。

私は議員歳費の最低ラインは、「議員職で食べていけること」、

そして「次の選挙に向けた貯蓄、ゆとりが少しできること」だと考えます。

それがいくらかというと断言はできませんが、

国の財政に余裕があれば現状維持でもいい。

でも、今は国民に我慢をお願いせざるを得ない財政なので

削減は避けられないと考えます。

公務員に人事院勧告があるように

議員歳費も毎年変わってもいいかなとも考えています。

ただ、家族を養い、日々の政治活動を支えるには、

1000万円をきったらまず無理だと思います。

感覚で申し上げて申し訳ありませんがそう感じます。

 

議員歳費を下げると人材が集まらないという意見がありますが、

多様な人材、志ある人材を確保することを考えるのなら

議員歳費よりもむしろ選挙のハードルを下げることが先だと思います。

その点からすると、公募で候補者を集めるみんなの党、

そして民主党の取り組みは、政治の門戸を広げています。

自民党も遅まきながら公募を始めましたが

「世襲批判の風除け」にしかすぎない名ばかりの公募。

また、公募の候補者を県連が推しつつも、

自民党本部が公募に落ちた現職を推薦したりと

自民党の公募はまだまだ公募とは言えない。

自民党がどうして公募になじまないのかというと

それは、自民党が人を大切にしてきたからです。

現職を尊重し、立候補したい人間を邪険にはしないで

チャンスを待たせる。

自民党の人を大切にする精神は素晴らしいと共感できるところもありますが、

去年の総選挙を機に

自民党も変わらざるを得ないところまで追い込まれています。

そして、カネのかからない選挙も大切です。

カネのかからない選挙を考えた時、

企業献金の禁止などお金の入りの面を考えがちですが、

もっと出の部分を考えた方がいいと思います。

選挙の公費負担をもっと増やし、

たとえば人件費や選挙カーを公費として総額を低く抑える。

私費は、そもそも投入できる部分を少なくして制限する。

総額を抑制することは検討に値すると思います。

 

話をもとに戻しましょう。

議員の給料ですが、

私は、当選回数ではなく、年齢で差をつけるのもありかなと考えています。

30代と50代で初当選するのでは人生経験が違うので

国政に寄与できる度合いも違うと思います。

ただ、これはあくまで年齢で分けるべきであって、

当選回数に応じて昇給したりすると、

多選に固執する傾向を生むので当選回数はだめです。

そして、たとえば65歳を超えたあたりから給与を下げる。

それでも続ける人は志ある人だと思います。

大臣や党役員の重責を担う方が

薄給になることは批判もあると思いますが、

「青雲の志いまだ衰えず」の姿勢がみえることも

素晴らしいと思います。

 

余談ですが、

警察官は、「警視正」という大幹部の肩書を得ると、

肩書と反面、給与が都道府県からではなく国から支給されるため

減給になるようです。

 

 

佐久市住民投票に思うこと   2010 年 11 月 15 日

こんばんは。佐久市の総合文化会館をめぐる住民投票は

投票率が54.87パーセント、反対が約7割ということで

建設中止の結論が出ました。

 

建設賛成の方にとっては大変残念な結果となりました。

行政の継続性という点からみれば

賛成の主張は、筋が通っていたと思います。

しかし、20年以上の議論に空白があったこと。

つまり、

合併で特例債が使えることになって建設論が再燃した流れは否めず、

20年来の夢が、これからの市の中核施設としてふさわしいかどうかは

再検討が必要だったと思います。

 

一方、建設反対多数は、

住民投票にゆだねた以上、必然のような気がしていました。

決して少なくない負担のかかる施設の是非を

ひとりひとりの住民が判断するとなれば、

少しでも不安があれば反対になるのではないかと感じていました。

しかし、あの土地をどうするのか。

そして土地も絡むかもしれませんが、

佐久市の将来像をどう描くのかという課題が残りました。

 

11月6日の市民討論会で建設反対派の人が

「どうせ作るならもっと良い文化会館をつくってほしいから反対だ」と訴え、

建設賛成派からも拍手を受けていたことが印象に残っています。

この意見もかなわなくなりましたが、

「どうせ作るなら他の市町村にないもの」。

「佐久市にしかないもの」が作れるような活用を考えたいものです。

それが建物なのか、公園なのか、

日本一の釣り堀?なのかは分かりません。

しかし今回の住民投票で、

あの土地に対する市民の関心が再び高まったわけですから

よい活用策が見つかると期待しています。

そして今回の住民投票が、

土地の問題だけでなく

市の将来像にたいする関心を高めたとすれば

住民投票は有意義だったと思います。

 

住民投票にあたり私は、2度の市民討論会と、

臼田で開かれた説明会に参加しました。

賛成反対の両方の方から様々な考えを聞き

私にとって大変学ぶことの多い機会でした。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて