長野を囲む   2010 年 12 月 4 日

最近よく上京している。

先月末は、お世話になった方が亡くなったので横浜に通夜にいった。きょうは友人の結婚式があり、きのうからまた東京にきている。

きのうは実はもうひとつ、大切な用事があった。長野県出身者で東京で仕事をしている同世代の集いがあった。私の友人の主催で6人が集まった。山ノ内町、上田市、佐久市(私ともう一人)、松本市、阿南町の出身だ。地図を広げて信州について語り、「信濃の国」をかけながらその歌詞について話した。食の話など話題が尽きることはなかった。6人はほとんどが初対面だったがとても楽しかった。

私は信州居住歴がもっとも短いが、今信州にいるのは私一人だった。みんながみんな、すぐに信州に帰るわけではないが、信州が大好きで、信州のことを考えている。隣に座っていた人はまだ25歳だった。すぐに何かが始まるわけではない。しかし、話をしている中でいろんなアイデアが生まれる予感はあったし、良いアイデアを行動に移そうという機運も出てくるだろう。雰囲気は良い意味でゆるいのでメンバーも増えそうだ。次はお互いの出身地で集まって、もっと信州を知るという流れになりそうだ。そんな心地よい信州人の集い、名前は「ナガノテーブル」という。「長野を囲む」という思いが込められている。

やってみてはどうか?   2010 年 12 月 4 日

こんにちは。

観光庁が考えていた休暇の分散化議論が、「合意が足りない」と見直しになるようだ。きょうの朝日朝刊7面に小さな記事で載っている。これまでの案だと、国内を5つのブロックに分けて順次、春と秋に5連休をとるというものだった。しかし内閣府の世論調査で反対が56パーセントにのぼっているようだ。

私は休暇分散化をやってみてはどうかと思っている。国民が休暇の時期を揃え、休暇の雰囲気をみんなで味わうよさはわかっている。でも、休暇中の国民の流れが定番化しすぎていることもまた事実である。いや、細かい動きは毎年違うのだが、考え方、捉え方、つまり頭の使い方が定番化しているように思う。大型連休ごとに毎年繰り返されるユーターンラッシュの渋滞・混雑ニュース。混雑状況は毎年違うのだが、完全に定番化している。

休暇を分散化すると、予想される困ることは観光地などによっては営業に影響が出るかもしれないということだろう。ただ、毎年決まった時期にたくさんの客をさばいてその後は尻すぼみというのでは、サービスの工夫も知らず知らずのうちに硬直化してしまっているのではないか。そして客の側に立ってみても、人気の観光地へいくことを、「人が多すぎる」とはなからあきらめてしまう人も多いと思う。

休暇を分散化して、国民が休暇の使い方をどう使うか、楽しみについて悩む。そして観光業側も、これまでと違った戦略を練り直す。正月やお盆など、時期をずらせないものもあるので反対が多いのもうなずけるが、ゴールデンウィークで試してみたらいいと思う。観光業と客に様々なアイデアが生まれ、人の流れに動きが出るメリットに期待したい。国会は不安な話ばかりだったが、楽しい事へのトライも必要だ。しかめっ面だけしていてはなにも変わらない。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて