まちづくりを考える   2011 年 1 月 23 日

おはようございます。早すぎる起床、きょうはいいことがありそうです。

 

 まちづくりとはなにか。いつも頭にある言葉です。

多くの人にとってまちづくりとは、自分が住む地区、

つまり「地元」ににぎわいが起こせるかどうかだと思います。

人口の増減はもちろん、買い物をする場所、医療機関、

教育の質、公共交通の一定の利便性。挙げればたくさんあります。

一方、豊かな自然、文化財、特産品など

地域の特色も、まちづくりの財産です。

地元のにぎわいがまず私たちの頭の中にあるまちづくりで、

その上に市町村や県があるのではないでしょうか。

 

国会で道州制の導入が叫ばれてかなりの年月がたちます。

道州制の中身や名前は違えど、どこの政党も

平成の大合併に続く、より効率的な自治体再編が欠かせないと考えています。

最近何度も頭に浮かぶことは

地域主体の行政とは、「地元」が生き生きと活動できるということです。

全国津々浦々の「地元」が、

行政にあるものないものを求めたら大変で、行政の効率化も大切です。

でも、住民の熱意・行動がまちづくりの基本です。

そして、数多い「地元」の共通利益を担保する市町村や

都道府県といった大きな自治体は

「地元」との連携を最大の仕事とするべきだと思います。

アイデアや行動は住民が起こす。

行政は住民の活動、アイデアに日々目を凝らし

時には活動が花開くよう水を与えることが大切だと思います。

 

目標が壮大過ぎると腰が重くなることもあります。

B級グルメでもマラソン大会でもいい。

「自分たちがやらなきゃダメな時代」だと思います。

 

 

きょうもよい1日をお過ごしください!

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて