早いもので、もう1年   2011 年 5 月 21 日

1年前のきょう、5月21日に佐久市臼田に引っ越してきた。

前日に信濃毎日新聞から参院選出馬について取材があったので

ほとんど眠れないまま朝を迎え、

記事のコピーを握りしめて東京池袋駅前から

高速バスに乗ったことをよく覚えている。

きょうのように天気がよく、暑かった。

 

当時、準備について細かい相談をしていたのは父しかいなかった。

意欲に燃える自分を見つめるもう1人の自分がいるような気がして

ほとんど客のいないバスの中で「俺って孤独だな」と思った。

 

その後、選挙があり今にいたっているが

1年間でたくさんの仲間ができた。

仲間といっても大先輩から同世代、歳下の人と様々だが、

心配してくれる人もいる。相談にのってくれる人もいる。

行動をともにしてくれる人もいる。

落下傘といわれ選挙に負けた自分を、多くの人が支えてくれている。

1人1人が自分の財産だと思っている。  ありがとうございます。

 

応援してくれる皆様の気持ちを勇気にかえて

不撓不屈の精神で頑張ります。

 

 

 

注)不撓不屈(ふとうふくつ)…どんな困難に出会ってもけっして心がくじけないこと。

 

 

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて