きょう(29日)、お世話になった方の告別式があった。

篠ノ井でうどん屋さんをしていた方で、私の父の世代だ。

人のためなら何でもする、曲がったことの嫌いな人だった。

意見がぶつかることもあった。しかし、

真剣なまなざしから発せられる言葉には

何にも代えがたい重みがあった。

喪主は娘さんだった。私と同世代。立派なご挨拶だった。

いつか自分がそういう立場になった時、同じようにできるかと考えた。

亡くなられた方あっての娘さんのふるまいだと思った。

父親とやっていたうどん屋を続けていくという。

故人のこだわりがメニューにもよく出ていて、一級品ばかりだ。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 「うどんととんかつの石川亭」 長野市篠ノ井布施高田882-4

お近くにお立ち寄りの際は、是非足を運んでいただきたい。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて