政治を信じている   2011 年 6 月 14 日

菅政権への不信任決議案をめぐる一連の動きは

政治不信、政治離れをさらに加速させたと思う。

政治を志す私にかけられる言葉が変わってきた。

「頑張って」というエールをいただくことは去年も今も多が、

「どうしてNHKを辞めてまで政治家になろうとするの?」と

聞かれることが増えた。

また、「大変だね」と苦笑いを浮かべて励ましてくれる人も多くなった。

そこには

「政治家になっても何もできないし信用もされないのに、

どうしていばらの道を進むのか」という疑問が見える。

私は去年の参院選で

「政治に対してあきらめない」と言ってきた。

私が選挙を手伝った、

同世代で松本市議会議員の小林あやさんも、

「あきらめないでください」と有権者に訴え続けた。

 

最近の加速する政治離れを感じながら、

自分の政治への想いを改めて考えると

「あきらめない」ではなくて「信じている」のである。

私は政治を信じている。

現職の方々は何もできていないが、

政治という職業は

よりよい社会を作ることができると信じている。

自分がやればできると信じている。

「何を青臭いことを」思う人が多いかもしれない。

それでも政治を信じている。

まずは、多くの人に期待をしてもらえるようにすることが

私のやるべきことだと思う。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて