バッテリー   2011 年 6 月 15 日

きのう、20年来の付き合いで

私が最も信頼する後輩に、久しぶりに会った。

私が4月の統一地方選で3人の候補者を手伝った話をしたら

後輩は言った。

「井出さんは、自分のことを考えるピッチャーにならないといけませんよ」

その通り。それは痛いほどわかっている。

 

最近、行動を共にしてくれる仲間ができた。

大切な仲間をその後輩に紹介した。

後輩は

「先が見えているかといえばわかりませんが、

キャッチャーが見つかって良かったですね」と言った。

これまたその通り。

 

普通、1+1=2なのだが、

ピッチャーにとってキャッチャーは単なる1ではない。

これまでは1人だったが、今、私はバッテリーを組んでいる。

 

女房役とともに力強く、未来を切り開いていきます。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて