前に進まない政治   2011 年 6 月 27 日

内閣改造がきょう行われた。夜には菅総理の記者会見もあった。

2次補正予算と、再生エネルギー法案、公債特例法案の成立が

菅総理のいう「一定のめど」ということは明らかになった。

しかし、

自民党からの引き抜きで自民党の態度が硬化するのは当然で、

国会運営が難しくなるのは確実だ。

一体どうやって国をあげて復興に取り組むつもりなのか。

一体どうやって「若い世代に責任を引き継ぐ」つもりなのか。

6月2日の不信任決議案をめぐる動き以降、

政治は全く前に進んでいない。

被災地報道が減ってきた   2011 年 6 月 27 日

きのうもきょうも、新聞の1面には被災地の現状を伝える記事がない

(信濃毎日新聞)。

福島の原発はいまどういう状況なのか。

がれきの処理はどの程度進んだのか。

仮設住宅への移動は進んでいるのか。

被災地の暑さ対策、衛生対策は大丈夫なのか。

もっと現地の状況を日々伝えてほしい。

今後のエネルギー政策や、今年の暑さ対策、節電、

菅政権後をにらんだ政局など大切な話は多いが

被災地の現状をもっと報じ続けないと、

復旧への関心が薄れていってしまうようで不安でならない。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて