まだ早い   2011 年 6 月 19 日

きのう、海江田経済産業大臣が記者会見をして原発の再稼働を求めた。きょうの信濃毎日新聞1面によると

・深刻な原発事故に備えた電力会社などの安全対策は「適切に実施されている」と評価できること。

・電力需給の安定は震災復興と経済再生のために不可欠ということ。

そして、海江田大臣は原発が立地する自治体を今後訪問して再稼働に理解を求めるという。

ちょっとまってほしい。福島の原発事故は収束のメドすらたっていない。今回の原発事故は、電源の停止が全ての始まりだと言われているが、それが津波によるものだったのか、地震の揺れによるものだったのかなど、根本的な検証も結論がでていない。原発の運転を監督しその安全規制を担う保安院も依然として経産省の傘下に置かれたままだ。こんな状態で原発再稼働を国が進めるのは、まだ早いと言わざるを得ない。

国民は福島の原発事故で、当然のことだが不安になっている。同じ信濃毎日新聞1面に全国世論調査の結果が出ている。原発を、「直ちにすべて廃炉」、「定期検査にはいったものから廃炉」、「電力需給に応じて廃炉を進める」と答えた人が、合わせて82%にのぼったという。

放射能は目に見えないので多くの人が不安を感じているが、もし、放射能に色がついていてその広がり方が一目瞭然だったら、私たちはもっと恐ろしい現実に今置かれているかもしれない。まずなによりも福島の原発事故の実態を把握し、収束に全力を挙げなければいけない。そしてその次に、各地に設置されている原発1基1基について、問題点と改善策を明らかにしない限り、国民の不安はぬぐえないし、安全に責任をもつ態度とは言えない。

書くことは苦しいが   2011 年 6 月 18 日

書くということは苦しい。

書きたいことがある時はいいが、

ない時は頭を悩ませなければいけない。

今月は自分にノルマを課したこともあって特に苦しんいる。

いろいろなことに関心をもち、情報を得て、

「次になにを書こうか」と考えている。

書くことは苦しいが、

ここで踏ん張れば成長できると信じて頑張る。

 

 

教育を考える   2011 年 6 月 17 日

前回、「教育委員会のありかたを変えなくてはならない」と最後にちょっとだけ述べたが、もう少し踏み込んで考えたい。5月10日の読売新聞2ページのある記事に、以下のような文章があったので引用したい。

『教育委員会は戦後、中立・専門的に教育行政を行うため、首長から独立した行政委員会として都道府県、市町村に設置されたが、「事実上、文部科学省の下請け組織になっている」との指摘も出ている』(引用終わり)

例えば、公立高校を所管する都道府県の教育委員会は事務局が県庁によって運営され、県庁は文部科学省の指示や通達を頻繁に受けている。都道府県知事から独立した形をとってはいるが、現実は行政組織であり、文部科学省の影響下にあるという指摘は的を得ている。

私は、義務教育の小中6年間は、市町村の教育委員会が学校間の連携をしっかりとって、基礎学力を徹底的に身につける環境を整えてほしいと思うが、高校は、学校ごとに多様な教育を進めてほしいと考えている。例えば長野県内は公立の高校が100ほどある。学校ごとに権限をあたえ、連携するべきところは市町村の教育委員会が担えばよいと思う。県教委の機能はほとんどなくてもいいと思っている。学校ごとに独自の教育色をうちたて、市町村の教育委員会が連携や支援を行えば良いと思う。そうすると学校、特に学校長には大きな責任がのしかかる。今のように異動で交代が多い体制では、学校長に大きな裁量を持たせることは無理だと思う。学校ごとの独自色は校長1人1人に拠るのではなく、市町村の教育員会が支えていけばいいと思う。

上の読売新聞の記事は、中曽根康弘氏が会長を務める公益財団法人「世界平和研究所」が5月9日に発表した教育改革試案を紹介する記事だった。世界平和研究所が発表した教育改革試案の骨子は以下のリンクからみることができる。

http://www.iips.org/2011kyoiku/2011kyoikugaiyo.pdf

教育委員会を都道府県や市町村の首長を補佐する機関に再編することは賛成できないし、他にも賛成できないことは多いが、自治体が創意工夫と責任をもって教育を行う体制を作らなければいけないという問題意識は同じだ。また、教職員の採用に社会人経験者を積極登用するべきだという考えも同じである。

「教育県」と呼ばれる地元長野県が、公立改革の最先端を走るべきだと思っている。

公立が大事   2011 年 6 月 16 日

ここ数年、公立の中高一貫校が各地で増えている。

長野県でも来春から屋代高校が中高一貫になり、

今年度中に初めての「適性検査」が行われる。

なぜ「適性検査」というのかはわからないが、

おそらく、「入試」よりせめて名前だけでも

競争性を薄めようとしているのだろう。

したがって受験のことを、適性検査を受ける「受検」というらしい。

時代は変わった。

 

全国どこでも、ほとんどの公立はいま、進学実績が評価基準になっている。

長野県だと長野高校、松本深志高校などが上位に位置づけられている。

さて、屋代高校は県内の高校勢力図に新風を巻き込むか。

私は進学実績も大切な指標の1つだと思うが

それがすべてではいけないと思っている。

公立学校の多様化、活性化は地域を守ることにつながる。

地域に人を呼ぶのには雇用が大事といわれているが教育も重要だ。

「長野県の公立はいいらしい」とか「ちょっと違うぞ」となれば

子育てを長野県でしようという人が

集まるのは目に見えている。

進学実績に長けた学校、音楽やスポーツに優れた学校、

国語に力を入れる学校など個々に魅力ある学校を

信州にたくさん作りたい。 

その担い手が公立であるべきと考えるのは

授業料が全国ほぼ同じで安いからだ。

さて、このアイデアは

知事にお願いしたら良いのか、教育委員会にお願いしたらよいのか分からない。

きっとどちらに持ち込んでも今は

「いいアイデアですね」で終わってしまいそうだ。

得意分野をもつ公立校を増やすには

教育をもっと自由にできるようにしないといけない。

まずは教育委員会のあり方を変えることになるだろう。

そうなると法律の改正が必要だから、やはり国会だ。

バッテリー   2011 年 6 月 15 日

きのう、20年来の付き合いで

私が最も信頼する後輩に、久しぶりに会った。

私が4月の統一地方選で3人の候補者を手伝った話をしたら

後輩は言った。

「井出さんは、自分のことを考えるピッチャーにならないといけませんよ」

その通り。それは痛いほどわかっている。

 

最近、行動を共にしてくれる仲間ができた。

大切な仲間をその後輩に紹介した。

後輩は

「先が見えているかといえばわかりませんが、

キャッチャーが見つかって良かったですね」と言った。

これまたその通り。

 

普通、1+1=2なのだが、

ピッチャーにとってキャッチャーは単なる1ではない。

これまでは1人だったが、今、私はバッテリーを組んでいる。

 

女房役とともに力強く、未来を切り開いていきます。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて