7月11日①   2011 年 7 月 11 日

私が5月に訪れた岩手県大槌町の避難所で

今もボランティアをしている人がブログを書いている。

彼は私の隣で寝泊まりし、

ボランティアの作業で帰りが遅くなった

私たちのために食事を取っておいてくれた。

その人の昨日付のブログを紹介したい。

「うーん物凄い暑さ、避難所の室温は38℃超えました。90歳↑の方もいるので心配だったけど、ひんやりタオルなどで体冷やしながら何とかやり過ごせました。こちらは2日ほど猛暑が続き 今日の寺野野球場大槌町物資仮設事務所の室温は42℃オーバー・・・。ほんとご苦労さまでした。 避難所の方は室内にいると暑い、外にでると蠅の餌食・・・・。蠅が異常に沸いていて室内にも蠅はいますが外にはもう・・・・。しかも暑い。 本日 「暑い」 と何回言っただろう 明日は涼しくなりますように。最近の夜も暑いです。 私は毛布2枚で寝ているのでとにかく暑い 毛布とればいいだろ と思う方もいると思いますが 毛布をかけないと 蠅の餌食になり体中に蠅が集ります。 私も色々な所で生活してきましたが この蠅の数はもう我慢できません とにかくストレスMAX 避難所の方も蠅がかなりのストレスのようです。」

震災から4か月を迎えるが、

まだまだ被災地に目を向けていかないといけない。

問題は山積みだ。

 

 

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて