「信州型事業仕分け」が終了したと

今朝の信濃毎日新聞が報じていた。

 今後も継続するかどうか

阿部知事は方針を明確にしなかったと書かれている。

 また傍聴人は1月の先行実施とくらべて半減したという。

 

 私は1月に傍聴した。

 大変申しわけないが面白くなかった。

 まず対象事業がよくない。

 

県財政の主要部を占める人件費などの義務的経費を

 事業仕分けにはかるわけにはいかないことは理解できる。

 それをしてしまうと、

 これまでの県政や県議会を全否定する

 結論が出かねない。

 重要項目を議題にできない以上実りは少ない。

 

そしてなによりも事業仕分けは

 行政の事業を住民感覚で見直す、

 つまり反省的な性格の取り組みである。

 事業仕分けで住民の生活が良くなるわけではない。

 

地域に夢や希望を与える性格のものではない。

 

この1,2年で

 「事業仕分け=善」という風潮が出来上がってしまった。

 その大きな原因は民主党の政権交代だったと思う。

 自民党政権がやってきた事業を徹底的に見直す姿勢に

 私たちは大いに共感し注目した。

 

しかし、

 2度目の事業仕分けは国民の関心を失い、成果もなかった。

 それは、

 事業仕分けは本来、

 行政と政治家が粛々とやるべきことであって

事業仕分けを政治の手柄や実績にされてはたまらないことに

私たちが気づいたからである。

 

民間の感覚を取り入れて

行政と政治が反省することは必要だ。

しかし、毎年やることではないと思う。

 

さて、信州型事業仕分け後の長野県はどうなるのか。

 県民や地域に夢や希望を抱かせる事業を始めて欲しい。

 

阿部知事が就任して1年。

 選挙での最大の公約「事業仕分け」は終わった。

 次に何をはじめるか。

 

よりよい県政を阿部知事に託した

 県民1人1人が注目している。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて