変われば変わるものだ   2011 年 9 月 25 日

横浜市旭区にある若葉台団地。

20110925-110333.jpg

都会によくある「築うん十年」の大規模団地だ。

老朽化や住民の高齢化など、

ざまざまな問題を抱えている。

そんな団地がおしゃれに様変わりした。

20110925-110044.jpg
24日、25日に開催された

「団地でマルシェ」というイベント。

簡単に言えば物産展だ。

団地の住民だけでなく周辺の人もたくさん集まった。

古ぼけた団地も変われば変わる。

 

私が地元の仲間とともに売りに行ったのはプルーン。
20110925-110103.jpg

佐久市は生プルーン発祥の地。

鉄分や食物繊維が豊富だと

声をからしてアピールしたら大盛況。

20110925-110117.jpg
40キロがあっという間に完売。

プルーンも、売る場所が変われば

反応もずいぶん変るもんだ。

20110925-110017.jpg

今ある場所、モノでも

ちょっと変えれば大きく変わる。

普段見慣れたものが輝く。

 

朝4時起きで、自宅に戻ったのは22時だった。

自分の地元でもなにかできるのではないか。

心も頭も疲れていたが、

明るいヒントをもらった気がしたイベントだった。

政治家は原体験が大事   2011 年 9 月 25 日

松本市議の小林あやさん。

私の選挙を初対面なのに全力で手伝ってくれたことは

何度か紹介した。

私も4月の小林さんの選挙は

全力でお手伝いさせていただいた。

選挙の応援となると

普通は様々な利害が絡み

あとでろくでもないことになるのだが、

小林さんだけは

そういうつまらないものを超越した

盟友だと私は思っている。

 

きょう半年ぶりに小林さんに会った。

小林さんは塾をやっているので

「教育が市議として取り組むべき最大のテーマだ」と話していた。

「政治家は、政治がやりたいというのではだめ。

どうして政治に関わるのか。

自分の原体験が大事で

私の場合は教育だ」と話していた。

 

「政治家は原体験が大切だ」と私が初めて聞いたのは

田中秀征さんからだ。

70歳を過ぎた田中秀征さんと、

私と同世代の小林さんが同じことを言う。

これは真理だと思う。

政治家は原体験をもとに

自分がやろうと決めたことをとことんやらないといけない。

年功序列、名誉職のつもりで政治家になった人に仕事はできない。

私は記者をしていて世の中の理不尽を

数多くみてきたから今に至っている。

自分の過去はあまり話してこなかったが、

機会があればもっと原体験を訴えていこうと思う。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて