自民党の役員人事がきのう発表され、

今朝の各新聞は一斉に「派閥色が強まった」と報じている。

朝日新聞朝刊によると、

新しく総務会長になった塩谷立氏は最大派閥・町村派の中堅。

茂木敏充政調会長は額賀派。

岸田文雄国対委員長は古賀派で

「派閥のプリンス」と呼ばれているらしい。

さらに自民党にとって最も大切な

参議院の人事はまとまらなかったという。

 

自民党役員人事のニュースはここ数日、

毎日のように報道されてきた。

しかし、大変申し訳ないが関心の持てる内容ではなかった。

今朝の紙面はそこそこ大きな記事だったが、

ここ数日の記事は小さかった。

メディアが記事の扱いを決めるときは、

「その日のニュースで何が読者の関心事か」を冷徹に判断する。

記事が小さいということは

国民の関心が自民党に向いていないということだ。

 

なんといっても派閥という言葉が躍るのがよくない。

谷垣総裁にとっては不本意だろうが、

メディアに「派閥」という視点で

切り取られることは極めてマイナスだ。

自民党が長期政権にあったとき、

派閥は党内議論を活発化させたメリットもあったが、

デメリットの方が大きく常に批判されてきた。

「派閥=悪」のイメージが決定的になったのは、

小泉政権のときだ。

小泉元総理は組閣の際に

派閥の理論を入れなかったことで知られている。

高い支持率を保った小泉政権によって

自民党を支持する人もそうでない人も

派閥を嫌うようになった。

その後、自民党内に派閥は残ったが

今、町村派が最大派閥だということを

知っている人はほとんどいないのではないか。

 

政治の世界、いつでもどこでも権力闘争はついてまわる。

先の民主党代表選挙もそうだった。

われわれみんなの党も、国会内で力が足りずに苦労している。

今回の役員人事は、

自民党内で派閥の力が依然として強いことを示す結果となった。

派閥に所属しない人たちに力が足りないのか、

それとも派閥をまとめている人たちが魅力的なのかは

今後の自民党を見ていれば見えてくるだろう。

仮に内輪もめばかりが目立って

野党の役割を果たせないようであれば

国民の自民党離れはさらに進み

記事はますます小さくなるだろう。

 

きょうまでのチラシ6136枚。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて