軽井沢町の姿勢が問われる   2011 年 11 月 23 日

今朝の信濃毎日新聞29ページに

「放射線量測定や除染費用

 軽井沢町、東電に500万円請求へ

 『福島原発事故が原因』」という

記事が出ていた。

 

軽井沢町では先月頃から、

高い放射線量が学校の近くなどで計測されたほか、

文部科学省が公表した航空機によるモニタリング調査でも

県内の市町村の中では高かった。

 

軽井沢町が原因を特定してこなかったことについて

このブログで先月書いたが、

きょうの記事を見る限り

「原因は原発事故だ」と町が判断したことになる。

 

これまでかかった費用を

請求することは正しいと思うが

これからも調査を続けて

住民の不安に客観的な数値で応えていくことが大事だ。

騒ぎすぎてもいけないが、黙殺はもっといけない。

 

町民はもとより、

周辺の市町村など多くの人が今後の成り行きを案じている。

軽井沢町の姿勢が問われることになる。

34歳になりました   2011 年 11 月 23 日

おととい、34歳になりました。

 

NHKを退職し、

政治活動を始めてから2度目の誕生日。

 

去年は

参院選を手伝ってくれた人たちがお祝いをしてくれました。

 

今年は

インターネット上でたくさんのメッセージをいただき

去年と同様、感慨深い誕生日となりました。

 

政治の世界は「一寸先は闇」「不安定」とよく言われますが

浪人中でもこうして幸せな誕生日を迎えられるのは

ありがたい限りです。

 

日々全力で戦って参りますので

引き続きご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

 

りんご   2011 年 11 月 22 日

20111122-212825.jpg

収穫の手伝いが先週終わった。

20111122-212838.jpg

晴天に恵まれ真っ赤に色づいたりんご。

最初は「これはよさそうだ」とか

「これはいまいちか」などと

1粒取るたびにつぶやくが、

そのうち、

自分の近況をふりかえったり、今後のことを考えたりと

体だけ動かし続ける。

単調で長時間作業だが、

心と頭はゆったりした時間をすごすことができる。

20111122-212915.jpg

チリも積もれば山となる。

20111122-212905.jpg

発送作業は今が山場。

20111122-212852.jpg

今年も秋の恵みに感謝。

りんごが終われば、厳しい冬はすぐそこだ。

役に立った   2011 年 11 月 17 日

先日、

南牧村村長選挙の演説会の様子をブログに書いた。

投開票日の後、ある方から感謝のコメントをいただいた。

私のブログをみて投票を決めた人がいたという。

村長選にのぞむ有権者の一助になればと思って

書いたブログが人の役にたてて嬉しい。

 

議員じゃないから注目度は低いブログだが

書くべきことを書けば人の役にたつもんだ。

これからも、私なりに必要だと思うことを書きます!

一発勝負   2011 年 11 月 17 日

勝負の厳しさを学んだのは野球だった。

他のスポーツもそうだが、

野球は残酷なまでに実力の世界、

白黒がはっきりする世界だ。

 

仕事で失敗しても、

もっと言えば

人生で挫折を味わっても、

長い目でみればやり直しがきくし

挫折を糧にすることができる。

 

野球も失敗を次につなげることはできるが

残酷なのは、

その試合、その一球は二度と、

同じ試合、ボールがないことである。

「ごめんではすまない」「とりかえしのつかな」局面が

常に訪れるのがスポーツの厳しさであり、醍醐味だ。

 

野球ではうだつが上がらなかった。

中学も高校も大学もずっと弱いチームにいた。

きょうも楽しみにしていた草野球で、

善戦したが勝ちをさらわれた。

 

でも、私がいま選挙で落ちて収入がなくても

目標に向かって気丈に振る舞えるのは

野球の厳しさに

己の精神を鍛えてもらったからだ。

 

目標にこだわること、あきらめないこと。

野球は一発勝負。

 

人生も一発勝負だが、

野球に鍛えてもらった経験があるから

いま、前向きな自分がある。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて