あきらめていいのか   2011 年 12 月 31 日

民主党が消費税率を2段階で上げる案をまとめた。

2014年4月から8%、2015年10月に10%にするという。

気になったのは大晦日の各新聞の社説だ。

 

朝日は社説「首相と増税 豹変して進むしかない」の中で、

「案を固めたことは率直に評価する」と書いている。

日経も社説「消費増税の合意を実現につなげよ」の中で、

「増税の時期と幅を明示したことを評価したい」としている。

読売は12月30日の社説「民主の消費税案

首相は年末決着を次へ生かせ」の中で、

「曖昧な決着を避けたことは評価したい」としている。

産經は社説「民主消費増税決定 歳出削減にも指導力示せ」の中で

「年内の決着にこぎつけた首相の手腕は評価したい」という。

毎日も社説「消費増税案 ギリギリで合格点だ」の中で、

「何とか年内に増税時期と幅を決めたことは評価する」という。

 

各紙社説とも冒頭に「評価」という言葉がみられる。

「少子高齢化が進む中で、社会保障の安定財源を確保するため

消費税率引き上げは避けて通れない(産経社説より)」という危機感から、

一定の方針を打ち出したことを評価したのだろう。

 

消費増税が将来的に避けられないという危機感は私にもある。

それは去年参院選に出馬した時より強まっている。

しかし国民が願っているのは、

これからの生活に希望が持てることであり

大きくいえば経済が好転することだ。

そして「増税するからには、

政治と行政が自らを律して

無駄は徹底的に削ってほしい」と思っている。

去年の参院選直前に、

当時の菅首相が自民党に歩調を合わせて

消費増税を言い出したときから

国民の願いは変わっていない。

 

2011年、私は多くの県民の声をきいてきた。

生活の希望、経済好転のビジョンが

示されないまま増税議論だけが大詰めになるにつれ、

「自分たち(議員と官僚)は何もしないで

増税だけするなんておかしい!」という声が強まっている。

増税が現実味を帯びればその分だけ、

政治家や官僚が身を切らないことへの怒りが高まるのだ。

 

新聞は、国民の真意がわかっているのだろうか。

増税だけ時期と幅を明確にして、

無駄の削減は見通しがないことを

徹底批判する社がないのはなぜか。

新聞も民主党と同じように、無駄の削減を先送りしたのか。

議論がまとまったことだけに満足し、

無駄の削減をあきらめたのか。

増税は当面しないと主張するのは

みんなの党だけになった。

みんなの党は増税しない根拠となる財源を

これまでいくつも示してきたが、

増税議論の具体化に合わせて、

もっと説得力が求められるだろう。

「みんなの党は良いことを言う」と言ってくれる人は多いが、

「言っていることが難しい」とか

「本当にやれるの?」と言う人もいる。

こうした声にこたえるのが2012年の課題だろう。

 

「まず、無駄の削減をする!」と誰1人言わなくなってしまったら

本当に「ただ増税するだけ」になってしまう。

あきらめていいのか。 答えはNOだ。

 

野球の神様がくれたもの   2011 年 12 月 28 日

先日、ロッテの井口選手と草野球をする機会があり

「野球をしていてよかった」と思ったことを書いた。

 

しかし、野球をしていて心底よかったと思うことは

次のようなことだ。

 

私は中学から野球を始めた。

中学も高校も大学も、お世辞にも強いとはいえないチームにいた。

そんなチームでも初心者からスタートした私にとって、

中学でレギュラーになること、

高校で4番を打つこと、

そして東京六大学野球で

神宮の舞台に立つことは容易ではなかった。

 

野球でもがいた10年間は

当時は無我夢中で考えもしなかったが、

今、どんな苦労もいとわない性格を作ってくれた。

 

スポーツとは残酷なもので、他人を頼ることはできない。

自分が力を発揮できる人間が集って初めて

個人の力量を超えるチームプレー、チーム力が生まれる。

まずは個人が力をつけることが大前提だ。

 

「東大野球部にいた」というと

人は「文武両道だ」と言うが、

一心不乱に野球に打ち込んだことで全てが作られた。

 

野球の神様は私に野球場で輝くことを許さなかったが

その輝きに勝るとも劣らない精神を私にくれたと思う。

 

最近地元の高校生に野球を教えていて

なんとか無我夢中で野球に取り組んでほしいと

日々思いを巡らせている。

 

 

ジャーナリストとして   2011 年 12 月 28 日

今月から私のブログが、

有識者のブログで日々のニュースを読み解く

「BLOGOS」に不定期に掲載されるようになった。

http://blogos.com/

掲載された記事数はまだ少ないが、

発信力をつける、発信の場を広げるために

ブログを書いてきた私にとって

ささやかな第一歩だと思っている。

 

私はNHKを辞めて政治の道を志しているが

発信力について、こだわり続けたいと思っている。

NHKの全てに共感していれば辞めることもなかったから

満足できないことが心の中にあった。

しかし公共放送として、

受信料という安定収入に恵まれた環境下で

多くのことを取材して伝えさせてもらった経験は

NHKを離れても、今後の政治活動の中で

少しでも視聴者、いや

国民の役にたてるよういかしたいと思っている。

ジャーナリストとして説得力のある発信を続け、

さらに磨いて行きたい。

 

政治家には昔も今も

NHKをはじめとするマスコミ出身者がいる。

日本の長距離走でオリンピックを目指す選手が

テレビで

「日本人ランナーにはどんなことがあっても

負けてはいけないと思って毎回レースに臨んでいる」と

言っていたが、

私も、ジャーナリストから政治を志す以上、

発信することで他の人に負けたくない。

 

それは、選挙も政党も決めないで、

己の意志だけを頼りに

この世界に飛び込んだ2年前、

自分に誓ったことなのだ。

民主党政権がまとめた来年度予算案を新聞でみていると

「先のことは知りませんよ」といっているように聞こえる。

実質96兆円という過去最高規模で、

まだ法案も提出されていない消費税増税も、もう織り込んでいるという。

 

大きな視点で見ると、年金の支給額の減額や支払い時期が遅くなることなど

高齢者に辛い世の中になることが予想される。

一方若い世代は、いまの財政難がさらに大きくなって将来のしかかってくる不安がある。

消費税増税に一定の賛成論があるのは 、世代を超えた真剣な危機感からだ。

 

危機感の裏側には、

「政治にしっかりしてほしい」

「政治家や官僚は国民のため、公のために

我が身を削る覚悟で取り組んで欲しい」という思いがある。

政治に期待する人、怒る人、失望する人たちの

心の底にある共通の思いだと感じている。

民主党政権が

官僚の天下り禁止をはじめとする公務員の人件費削減、

国会議員の給与と定数削減をしていれば、

「もうちょっと長い目で見ようか」という声もあっただろう。

仮定の話をしても仕方がないが。

 

今回の予算はあらゆることに予算措置をしているから、

胸を撫で下ろした議員や官僚、それに業界関係者はいるだろう。

民主党政権はもともと考え方の違う人が集まっているとずっと言ってきた。

その人たちに都合の良い予算を「全部乗せ」しただけではないか。

 

高齢者は自分たちの暮らし以上に、子どもや孫の将来を悲観している

若い世代も幼い息子や娘の将来を考えている。

国民は先をみて、将来を心配している。

 

解散総選挙か政界再編かどちらが先になるかわからないが、

将来のことを考えて行動できる政治集団を作り直さないといけない。

心も体も大きな人と   2011 年 12 月 25 日

先日17日、草野球でビッグな方との対戦がありました。

大リーグ・ホワイトソックスでプレーし、今はロッテにいる井口資仁選手。

井口選手は、ホワイトソックス時代の番記者と毎年草野球をやっているそうで

縁あってその対戦相手に、東大野球部OB軍団が急遽選ばれました。

井口さん率いるゴールデンソックスは、

先発投手が今季限りで引退した川越投手、

他は番記者の方々ですが手強く、

寄せ集めの東大野球部OB軍団は、1ー0でサヨナラ負け(涙)

 

 

 

 

 

 

でもこんな縁があるなんて、

「野球していてよかった〜」と心から思った一日でした。

井口選手は心も体も大きな方で、

このブログへの掲載も快諾してくださいました。

 

試合に負けたのが悔しいので、

再挑戦のチャンスをいただけると嬉しいなぁ(笑)

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて