野球の神様がくれたもの   2011 年 12 月 28 日

先日、ロッテの井口選手と草野球をする機会があり

「野球をしていてよかった」と思ったことを書いた。

 

しかし、野球をしていて心底よかったと思うことは

次のようなことだ。

 

私は中学から野球を始めた。

中学も高校も大学も、お世辞にも強いとはいえないチームにいた。

そんなチームでも初心者からスタートした私にとって、

中学でレギュラーになること、

高校で4番を打つこと、

そして東京六大学野球で

神宮の舞台に立つことは容易ではなかった。

 

野球でもがいた10年間は

当時は無我夢中で考えもしなかったが、

今、どんな苦労もいとわない性格を作ってくれた。

 

スポーツとは残酷なもので、他人を頼ることはできない。

自分が力を発揮できる人間が集って初めて

個人の力量を超えるチームプレー、チーム力が生まれる。

まずは個人が力をつけることが大前提だ。

 

「東大野球部にいた」というと

人は「文武両道だ」と言うが、

一心不乱に野球に打ち込んだことで全てが作られた。

 

野球の神様は私に野球場で輝くことを許さなかったが

その輝きに勝るとも劣らない精神を私にくれたと思う。

 

最近地元の高校生に野球を教えていて

なんとか無我夢中で野球に取り組んでほしいと

日々思いを巡らせている。

 

 

ジャーナリストとして   2011 年 12 月 28 日

今月から私のブログが、

有識者のブログで日々のニュースを読み解く

「BLOGOS」に不定期に掲載されるようになった。

http://blogos.com/

掲載された記事数はまだ少ないが、

発信力をつける、発信の場を広げるために

ブログを書いてきた私にとって

ささやかな第一歩だと思っている。

 

私はNHKを辞めて政治の道を志しているが

発信力について、こだわり続けたいと思っている。

NHKの全てに共感していれば辞めることもなかったから

満足できないことが心の中にあった。

しかし公共放送として、

受信料という安定収入に恵まれた環境下で

多くのことを取材して伝えさせてもらった経験は

NHKを離れても、今後の政治活動の中で

少しでも視聴者、いや

国民の役にたてるよういかしたいと思っている。

ジャーナリストとして説得力のある発信を続け、

さらに磨いて行きたい。

 

政治家には昔も今も

NHKをはじめとするマスコミ出身者がいる。

日本の長距離走でオリンピックを目指す選手が

テレビで

「日本人ランナーにはどんなことがあっても

負けてはいけないと思って毎回レースに臨んでいる」と

言っていたが、

私も、ジャーナリストから政治を志す以上、

発信することで他の人に負けたくない。

 

それは、選挙も政党も決めないで、

己の意志だけを頼りに

この世界に飛び込んだ2年前、

自分に誓ったことなのだ。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて