メッセージが大事だ   2013 年 1 月 4 日

きょう会った人の中に、 「誰に投票しようか迷ったんだけど、ようせい君にしたよ」と言ってくれた人がいた。

その人は、選挙戦終盤にあった候補者の合同演説会にきていて、別の候補者が、 「議員定数の削減や歳費カットは、自分たちじゃ決められないから、第3者委員会に決めてもらうのがいい」と言った言葉がひっかかったらしい。

私もこの発言は大いにひっかかった。そこで私は最後の自分の発言で、 「大事な事や、自分たちのことも決められないようでは政治に携わる資格はない!」と返した。

私の最後の発言をきいて、その人は私に投票することにしたという。メッセージはつくづく大事だなと改めて感じた。

当選してから、私などには荷が重いのだが、来賓として招かれて挨拶する機会が増えている。せっかく時間をいただいているのだから、率直な思いを、私だけの言葉で、伝え続けていきたい。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて