ムダではなかった   2013 年 2 月 25 日

きのう(24日)、佐久は快晴、陽も長くなったので、

夕方上田にむかった。しかし、上田は猛吹雪。

ノボリは倒れるし、雪が耳に入ってくるし。

 

辻立ちをあきらめ、無駄足だったかと溜息をつきながら、

体を温めようとラーメン屋に。

午後5時半ごろだったので、店内は親子が1組だけ。

すると中学生の女の子が私をみて笑顔になり、

お母さんが「娘がファンなんです」と。

ありがたいなと思ったが、

本当にありがたかったのは、この後の話。

お母さん「娘が、最初はようせいさんが小学校の時の

先生と雰囲気が似てるとか言い始めて。

でもそのうち、この子なりに政治の勉強を始めて、

ここがいけないとかいうようになって」

娘さん「私、いろいろ調べたんです。

で、これはいけないと思うことが結構あって…」

街頭に立っていると、手を振ってくれる子どもは多い。

子どもたちに選挙権はない。だからムダだという人もいる。

私は、子どもたちの無邪気で好奇心旺盛な笑顔に救われてきた。

だから子どもたちとのかかわりをムダだと思ったことはない。

 

こうして政治に関心をもってくれた子が目の前に現れると、

ムダどころか、街頭演説を続けてきた甲斐があったと思う。

一見ムダに思えることも、ムダではないと改めて教わった。

上田に足を運んでよかった。無駄足ではなかった。

ラーメン屋で会った親子に感謝。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて