被災地のこと   2013 年 4 月 30 日

もう1ヶ月近く前のことになるが、被災地に行ってきた。被災地にいくのは約2年ぶり。震災のあった年の5月にいった以来だ。前回は絶望に近い感覚に陥ったが、今回はどうなのだろうか。復興が進んでいるのではないかという期待と、報道をみるかぎり、期待できないという思いが混じりながら気仙沼に向かった。

IMG_1824IMG_1825

気仙沼には、仮設商店街ができていた。被災して店を失い、商店街の復興が進まない中で、プレハブ棟にいくつもの店が集って商売を再開したという。

IMG_1830

学校に隣接している仮設住宅にもいった。月曜日の午前中なので、高齢者や主婦が数人いるだけだった。お年寄りの女性が「私たちは、みなさんにどれだけ感謝してもし足りない」と話していた。2年前に泊まらせてもらった避難所でも、同じ言葉を何度もきいた。2年前も今回も、非常にありがたい言葉をかけていただいたと思ったが、復興が依然として道半ばであることも感じずにはいられなかった。

IMG_1837

気仙沼港の回りは工事がさかんにおこなわれていた。しかし、建物はなくなったままで、更地が目の前に広がっている。市の職員によると、震災で自然体が平均で74センチ地盤沈下したという。被害を繰り返さないように、盛り土をした上で再建をすすめるようだが、かなり時間がかかるだろう。

IMG_1844

2年前、がれきで埋め尽くされた街の中にあった、流された漁船はそのまま残っていた。がれきは片付いたが、なにもない更地のなかに船だけが残っていた。津波被害の象徴として保存するか、それとも撤去するのかで議論が続いているという記事が、ちょうどその日の地元紙に出ていた。

IMG_1853

津波に襲われた市内の高校は、大破したまま残されていた。増築したばかりの高校が津波で大破し、生徒はいま、別の場所に通っているという。グラウンドには大きな焼却施設、クリーンセンターが建っていた。

IMG_1856

気仙沼から隣の南三陸町にいったら、嬉しい再会がまっていた。南三陸町の佐藤町長(写真右)だ。奮闘ぶりはTVでみていた。「なんで2年前はこなかったの.寂しいっちゃ」と笑顔で言われ、笑顔を返したが、2年前は、街がなくなってしまった映像を何度もみせられていて、馴染みの深い街だっただけに、恐くて入れなかった。

IMG_1859

町役場は新しい場所に。

IMG_1874IMG_1877

南三陸にも仮設商店街が、沿岸から離れたとことろにできている。そばには、鉄道代わりを果たしているバス停もできていた。

 

 

IMG_1869

震災前の街の中心部は沿岸にあった。何度も映像や写真でみてきた役場の防災庁舎。かつて何度も訪れた建物だが、骨組みだけになった姿はあまりに小さかった。あたり一面の更地が被害の大きさを物語っている。かつての街は、ない。

IMG_1871

防災庁舎で手を合わせていると、ほかにも何人か、花をもって祈りに来た人がいた。おそらく毎日、多くの人が訪れているのだろう。

復興の道のりはまだまだ長い。2年ぶりにいって、改めて感じる。被災地に、これからも思いをはせていかないといけない。復興はいまもこれからも、日本の最優先課題だ。

 

凍害調査   2013 年 4 月 30 日

4月25日の信濃毎日新聞朝刊に、4月21日の雪や霜と、翌日にかけての冷え込みで、果樹に大きな被害が出たという記事があったので、現場を見にいってきた。訪れたのは松本市の今井。地元の農家によると、松本では21日に雪が降り、その翌朝がマイナス7度ぐらいまで冷え込んだという。DSC01094

梨の花がちょうど開いたところに寒さが直撃した。見た目で明らかに枯れてしまった花も多いが、写真のように花が生きていても、真ん中のめしべが黒く変色してしまうと、受粉ができず、実がならない。梨はほぼ全滅で、こうした被害は、この地域では30年ぶりだという。

DSC01091

 話をきいた2人の農家は、米やぶどうも作っているというので、梨が全滅でも、生活が立ちゆかなくなることはないと前向きに話していた。しかし、梨だけを作っている農家や、ことし新規就農した人には大きな被害になってしまったという。

DSC01140

天災にあったときに被害額を軽減する果樹共済という制度があるが、よくても被害額の7割しか補償されない。また、被害の算定は農家にとっても、算定する側にとっても難しい問題が多い。地元農家によると、梨は天候の影響を受けやすいので、栽培農家の半数が共済に入っているが、果樹全体で見ると2割程度しか加入していないという。

DSC01153

 

農業は、天候に大きく左右される。単品だけ作っているとリスクは非常に高い。また単品のみだと作業が一時期に集中するので、複数の農作物を作って、作業の分散化とリスクの軽減を図っている農家が多い。そんな話から農業の将来に話がうつった。いま、自民党は「攻めの農業」を合い言葉に、大規模化、輸出の拡大を目指そうとしている。みんなの党も他の野党も「大規模化」という路線は共通している。しかし、大規模化、生産量だけで勝負しても、海外の大規模農家には太刀打ちできない。ましてや、天災被害を軽減するために複数の農作物を作るとなると、ますます容易ではない。

DSC01171

 質の高いものを、売り先を確保して、つまり販売を重視して、堅実な経営をしていくことがこれからの道ではないかという話になった。販路の拡大、開拓は、個人では、すでにかなりやっている人もいる。しかしこ、れまで生産だけして農協に販売を任せきってきた農家にいきなりやってくださいといっても、すぐには難しい。しかし、農協がまず、販路の開拓、多様化に力をいれるというのであれば1つ道がひらけるのではないか。

お会いした2人は、私がきたことを非常に喜こんでくれたが、私のほうこそ大変勉強になって感謝している。現場の思い、感覚、実態を、国会の議論にのせていきたい。

ネット選挙解禁法案   2013 年 4 月 23 日

インターネット選挙を解禁する法案が、衆議院も参議院も全会一致で可決された。7月の参議院選挙からインターネットが使えるようになる。

ごくごく簡単に法案を説明すると、候補者や政党は、これまで禁止されていた選挙期間中(告示〜投票日)まで、ホームページやメールを使って、活動の紹介や投票の呼びかけが可能になる。

有権者はどうかというと、インターネット上では、「〇〇候補を応援しているから、みんなも応援してください。投票してください」などと、特定の候補へ投票を呼びかけることが可能になる。しかし、メールで同じこと、選挙運動と呼ばれる文面を書くことはできない。ここは将来の課題として残った。

選挙運動とはなにか。端的にいうと、特定の候補者への投票を呼びかけることをいう。つまり、私のことを応援してくれている人が、「井出ようせいに投票してください!」と呼びかけることは、インターネット上ではできるが、メールではできない。

ということは、選挙運動でなければ、メールだろうとインターネット上だろうと、なんでも認められている。投票を呼びかけなければよい。たとえば、「井出ようせいは教育に熱心だから応援する」という意見表明は大丈夫。逆に、「井出ようせいは若すぎるから頼りない」と批判するのもよい。

インターネットが選挙期間中使えるようになると、私のような立場からすると、選挙戦中も自分の行動や考え、予定を更新できるので、そこは助かる。しかし、この法案が成立したからといってネットだけで選挙が戦える訳ではない。

選挙の時だけ顔を出したり、握手にきたり、電話をしてくる候補者がいまひとつ信用できないことと同じで、選挙の時だけインターネットをつかったり、メールをたくさん送っても、効果はあまりないだろう。大事なのは、やはり普段からの取り組みだ。先の衆院選で、ある候補者が選挙前、Facebookで選挙区内の人に片っ端から友達申請を送ってつながりを作ろうとしていた。そういう相談が私のところにきた。ネット上でどのような行動をとるのかも、評価の対象になっている。ネットは、電話や会話と違って記録に残る分、候補者の行動が問われることになる。

もう1つ、誹謗中傷が増えるのではないかということが懸念されている。たしかにそうした不安はある。面と向かっていえない陰口の類いが堂々と発信できるのがネットかもしれない。しかし、面と向かってだと照れくさくて言えないような応援メッセージを書き込むことができるのも、ネットの世界ならではだと私は思う。

ネット選挙解禁後の、私の選挙がいつになるかは定かではないが、いまは、ネット対策でスタッフを増やす気も、お金をかける気もない。いままで通りやりながら、その中でどんなことが起こるかを想像し、私なりの対応をしていきたい。金や人をつかって情報を大量に流すことよりも、質の良い情報を発信していきたい。

 

最後に、インターネット選挙解禁法案を散々議論し、委員会で週に4回も質問に立ったから一言述べておきたい。ネットは最終的には前面解禁した方がいい。有権者のみ、投票を呼びかけるメール禁止というのは、選挙の主役をはき違えている。ましてや罰則を設けるなどありえない。ネット上のやりとりにトラブルはつきものだからこそ、すべてをオープンにするべきだ。オープンにした上で、有権者と信頼できる関係を構築するのは、選挙をやる我々の仕事である。

 

 

0増5減法案に反対した理由   2013 年 4 月 21 日

IMG_2069

(4月20日朝日新聞朝刊より引用)

今国会で、もめにもめた0増5減法案が19日、衆議院の委員会で可決された。上の写真で、座っている左側が私だ。私の所属する、選挙制度改革を担当する委員会で、議論が行われた。新聞やTVをみると「0増5減法案はさっさと通過させるべきだ」との論調がほとんどだったが、私は反対した。以下反対の理由を書く。

 

①3月から4月にかけて各地の高等裁判所で、去年の12月総選挙が無効や違憲であるとの判決が相次いだ。判決の中には0増5減法案のことを、「格差是正とは到底言い難い」と断じる判決もあった。与党は、「前々回の衆院選を違憲とした平成23年最高裁判決にまず対応する必要があり、11月の段階では、みんなの党も賛成しただろう」というが、3月4月の、15件に上った無効・違憲判決をみれば、司法の通告がさらに厳しいものになっていることは明白だ。

②1票の格差を、3年前の国勢調査を元にして、かろうじて2倍を切っただけで、「憲政史上初めて2倍を切った」と自賛されても、すでに最新の調査では2倍を超えている選挙区が多く存在し、実態が伴っていない。

③1票の格差是正は、民主が対案を、維新とみんなの党も対案をまとめているにも関わらず、野党案は審議すらせず、採決を強行する与党のやり方には強く抗議したい。1票の格差是正の議論は、去年も与党のみの審議が多かった。与党のみの議論など、その内容はたかが知れていて、国会での議論は尽くされていない。

④「選挙制度は抜本改革が必要だ」と、全ての政党が言っている。だから、たとえば維新の会は、抜本改革の期限を明示しろと強行に主張してきた。与党は、抜本改革をやるとはいっているが、具体的な段取りの話がまったくついていない。

 

新聞やTV、世論が0増5減法案を通すべきとの論調によっているのは、その後すぐに抜本改革をしろということがセットになっている。抜本改革の話を抜きにして、みせかけの数字合わせだけで終わらせてしまえば、政権への期待は大きな失望へ変わるだろう。

3月25日に広島高裁で無効判決が出てからまだ1ヶ月もたっていない。にも関わらず、その重みを受け止めようという姿勢は、私が質問・討論を行った19日の委員会で感じることはできなかった。「無効判決も大事だが、これまでの議論、これまでの流れが大事だ」と言わんばかりの答弁がほとんどだった。もう一度無効判決の重みを受け止めて、今後の議論を考えなければいけない。

 

 

月に3回、週に4日   2013 年 4 月 21 日

 

衆議院議員になって、あっという間に4ヶ月がたった。選挙が終われば少しは落ち着いて仕事ができるかと思っていたが、選挙のときより忙しい。インターネットで調べてみたら、12回質問に立っている。平均すると月に3回だが、週に4回質問に立った時もあり、ここまでは質問に追われてきた感がある。

質問に立つ時は、話題について事前に調べを尽くす。過去の議事録も当然調べる。過去の議事録を調べるのは、質問が重ならないようにということもあるが、過去の発言をただして、新たな答弁を議事録に残せば、いつかまた、その議事録をみて、さらに突っ込んだ質問ができる。非常に大事だ。

質問を通して自分が何を言いたいか、まず大きなテーマを決めて、それに沿ったストーリー、質問展開を考える。答弁内容は、あらかじめ調べて知っていることや、質問の内容をオウム返しのように返されることが多い。答弁者からすると、第3者のために丁寧な答弁をするという意図なのかもしれないが、「それは知っているので結構です」と言いたくなることも多い。

答弁をつくる方も大変のようだ。質問は前日に通告するが、そうすると、官僚が質問の意図を聞きにくる。私は部屋にきてもらうのも申し訳ないので電話で済ませることが多いが、質問の意図を丸裸にしないと気が済まないらしい。こちらは、当日の答弁によって質問を変えることもあるから、前日の段階であまり確かなことは言えない。討論を深めるための事前の擦り合わせには協力はするが、当日の討論を大事にしたい。一度、官僚から電話で「質問をこうしたほうが、きれいな答弁になる」といわれ、さすがに「きれいな答弁ってはなんですか。ありのままを答えてもらえばそれで結構です」と返したことがある。

質問や答弁の中身以上に、会話の雰囲気、外見、印象が評価の対象になることも多い。「元気がない」とか「押され気味だった」とかいう類いのことだ。新人だからという理由で負けるわけにはいかない。堂々とやりたいものだ。堂々とやるためには、周到な準備が必要になってくる。

質問だけが仕事ではない、他にもやることはたくさんある。でも、1回1回の質疑は全力を尽くさなければいけない。予算委員会をはじめ、様々な委員会に立ってきたが、本会議の出番も、もう間もなくだ。

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて