0増5減法案に反対した理由   2013 年 4 月 21 日

IMG_2069

(4月20日朝日新聞朝刊より引用)

今国会で、もめにもめた0増5減法案が19日、衆議院の委員会で可決された。上の写真で、座っている左側が私だ。私の所属する、選挙制度改革を担当する委員会で、議論が行われた。新聞やTVをみると「0増5減法案はさっさと通過させるべきだ」との論調がほとんどだったが、私は反対した。以下反対の理由を書く。

 

①3月から4月にかけて各地の高等裁判所で、去年の12月総選挙が無効や違憲であるとの判決が相次いだ。判決の中には0増5減法案のことを、「格差是正とは到底言い難い」と断じる判決もあった。与党は、「前々回の衆院選を違憲とした平成23年最高裁判決にまず対応する必要があり、11月の段階では、みんなの党も賛成しただろう」というが、3月4月の、15件に上った無効・違憲判決をみれば、司法の通告がさらに厳しいものになっていることは明白だ。

②1票の格差を、3年前の国勢調査を元にして、かろうじて2倍を切っただけで、「憲政史上初めて2倍を切った」と自賛されても、すでに最新の調査では2倍を超えている選挙区が多く存在し、実態が伴っていない。

③1票の格差是正は、民主が対案を、維新とみんなの党も対案をまとめているにも関わらず、野党案は審議すらせず、採決を強行する与党のやり方には強く抗議したい。1票の格差是正の議論は、去年も与党のみの審議が多かった。与党のみの議論など、その内容はたかが知れていて、国会での議論は尽くされていない。

④「選挙制度は抜本改革が必要だ」と、全ての政党が言っている。だから、たとえば維新の会は、抜本改革の期限を明示しろと強行に主張してきた。与党は、抜本改革をやるとはいっているが、具体的な段取りの話がまったくついていない。

 

新聞やTV、世論が0増5減法案を通すべきとの論調によっているのは、その後すぐに抜本改革をしろということがセットになっている。抜本改革の話を抜きにして、みせかけの数字合わせだけで終わらせてしまえば、政権への期待は大きな失望へ変わるだろう。

3月25日に広島高裁で無効判決が出てからまだ1ヶ月もたっていない。にも関わらず、その重みを受け止めようという姿勢は、私が質問・討論を行った19日の委員会で感じることはできなかった。「無効判決も大事だが、これまでの議論、これまでの流れが大事だ」と言わんばかりの答弁がほとんどだった。もう一度無効判決の重みを受け止めて、今後の議論を考えなければいけない。

 

 

月に3回、週に4日   2013 年 4 月 21 日

 

衆議院議員になって、あっという間に4ヶ月がたった。選挙が終われば少しは落ち着いて仕事ができるかと思っていたが、選挙のときより忙しい。インターネットで調べてみたら、12回質問に立っている。平均すると月に3回だが、週に4回質問に立った時もあり、ここまでは質問に追われてきた感がある。

質問に立つ時は、話題について事前に調べを尽くす。過去の議事録も当然調べる。過去の議事録を調べるのは、質問が重ならないようにということもあるが、過去の発言をただして、新たな答弁を議事録に残せば、いつかまた、その議事録をみて、さらに突っ込んだ質問ができる。非常に大事だ。

質問を通して自分が何を言いたいか、まず大きなテーマを決めて、それに沿ったストーリー、質問展開を考える。答弁内容は、あらかじめ調べて知っていることや、質問の内容をオウム返しのように返されることが多い。答弁者からすると、第3者のために丁寧な答弁をするという意図なのかもしれないが、「それは知っているので結構です」と言いたくなることも多い。

答弁をつくる方も大変のようだ。質問は前日に通告するが、そうすると、官僚が質問の意図を聞きにくる。私は部屋にきてもらうのも申し訳ないので電話で済ませることが多いが、質問の意図を丸裸にしないと気が済まないらしい。こちらは、当日の答弁によって質問を変えることもあるから、前日の段階であまり確かなことは言えない。討論を深めるための事前の擦り合わせには協力はするが、当日の討論を大事にしたい。一度、官僚から電話で「質問をこうしたほうが、きれいな答弁になる」といわれ、さすがに「きれいな答弁ってはなんですか。ありのままを答えてもらえばそれで結構です」と返したことがある。

質問や答弁の中身以上に、会話の雰囲気、外見、印象が評価の対象になることも多い。「元気がない」とか「押され気味だった」とかいう類いのことだ。新人だからという理由で負けるわけにはいかない。堂々とやりたいものだ。堂々とやるためには、周到な準備が必要になってくる。

質問だけが仕事ではない、他にもやることはたくさんある。でも、1回1回の質疑は全力を尽くさなければいけない。予算委員会をはじめ、様々な委員会に立ってきたが、本会議の出番も、もう間もなくだ。

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて