国会へいこう(^^)修学旅行   2013 年 5 月 22 日

 

きょうは川上村から、修学旅行の小学6年生がやってきた。16人。全校で80数人の学校だという。6年生にとっては初めての国会見学だが、私にとっても、修学旅行生を受け入れるのは初めてだったので、とても楽しみにしていた。

で、どうだったのかというと、とても楽しかった。1時間、子どもと先生と一緒に歩いたがとても楽しかった。修学旅行の国会見学には衛視さんが同行するが、なんと衛視さんが川上村出身で、心のこもった案内をしてくれた。私よりもはるかに国会の中を知っている大ベテランガイドに、同行した先生は、「いままで何度も国会見学に子供を連れてきたが、こんなにいろいろと、丁寧に見学できたのは初めてだ」と、とてもよろこんでくれた。子どもが16人と少なかったので、一人一人の顔をみて話すことができてとてもよかった。

子どもたちなので、政治の難しい話をするわけではない。国会の中に「伊藤博文、大隈重信、板垣退助の銅像があるよ」と説明しても、わかる子はほとんどいない。時間も1時間で駆け足の見学なので、なにか考える時間もほとんどない。また、こどもたちは、宇宙飛行士の油井亀美也さんが川上村の出身であることが縁で、JAXAにいったりと修、学旅行は大忙しのようだ。私が時間をかけて、どこかで座って話してあげる時間もない。最後に国会前でとる集合写真は、ほかの団体も多く、ゆっくりしていられない。私は、自分が修学旅行にいったことがないので、修学旅行がこんなに忙しいとは知らなかった。

それでもなんとか記憶にとどめてもらいたい、将来思い出してもらおうと、私が政治家になったきっかけや、苦労したことなどを話した。議員バッジも1人1人に、みたりさわったりしてもらった。こどもたちが大人になって国会の近くに来たり、テレビで国会のニュースを見たときに、思い出してくれたらうれしい。子どもたちが大きくなった時に、少人数できてもらい、そのときは語らいながらゆっくり案内したい。そんな思いをこめて、「またきてね」と見送った。 本会議などがあればきょうのような随行は無理だし、多くの議員は秘書が対応しているようだが、時間の都合がつく限り、子どもの思い出づくりをやってみたい。

さて、明日は朝から100人の小学6年生がくる。どうなることやら。いまから楽しみだ。

本会議登壇 7分14秒   2013 年 5 月 18 日

20130518-214802.jpg

5月17日、質問のため、初めて本会議で登壇しました。当選から5ヶ月で本会議登壇ができるとは、選挙のあとは予想もしませんでした。緊張するかなと思っていたのですが、初めて委員会で質問をした時と比べると、はるかに落ち着いて質問ができたと思います。様々な委員会で何度も質問に立ってきたので、その経験が、少しだけ成長につながっているのかも知れません。

壇上から見る本会議場は、ふだん議員席から見る本会議場よりも、狭く感じました。傍聴にきてくれた秘書の姿もしっかり見えました。また、議場からのヤジや激励もはっきりと聞こえました。

20130518-214811.jpg

 質問は、「クール・ジャパン推進機構法案」について。「クール・ジャパン」と呼ばれる、日本が世界に誇るもの、例えば地域の伝統工芸品だったり、日本ならではの、ホテルや結婚式での細やかなサービス、高品質の農産物、ファッション、また、アニメなどのコンテンツといった様々なものを海外に広め、日本経済の成長につなげようというものです。そうした宝物を持っている企業の海外進出を促すために、国と民間が出資する「クールジャパン推進機構」いわゆる「官民ファンド」をつくって後押ししようというのが今回の法案です。

クールジャパンと呼ばれる、日本のすばらしいものが海外に展開することは、おおいに期待しています。私が初当院のときに着た上田紬も世界に通用するものだと思っています。

しかし、こうした企業は、これまで厳しい競争に耐え、創意工夫ですばらしい商品をつくってきました。こうした企業の強みは「自立」だと私は思います。こうした企業に、国が主導して安易に出資することが本当によいのか。お金も大事ですが、情報提供、海外展開につながる機会をつくることが大事ではないか。また、「官民ファンド」は、かつての第3セクターがそうですが、多くの失敗例があり、「この手の話は、お上がやったらうまくいかない」ということは、いまや霞ヶ関の省庁の間でも共通認識となっています。とくに官民ファンドの人事は、天下りの温床ともなりかねず、ファンドを作るのなら、人事や運営の仕方など、徹底した議論が必要です。期待が大きいだけに、成功して欲しいだけに、今後も議論を重ねたいと思います。

 

こうした内容を、7分14秒で話しました。まだまだ未熟、1日1日が勝負ですが、小さな1歩を踏み出したということで、5月17日は忘れられない日になりそうです。多くの皆様の力を借りて、支えられて、自分が国会に立っていることを今一度噛み締めて、今後も活動してまいります。ご支援頂いている皆様への感謝を込めて、初登壇の報告とさせて頂きます。

 

追伸

質問の様子はこちらからご覧頂けます。http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42760&media_type=fp

ちょっと前の話になってしまうが、長嶋さんと松井さんの、国民栄誉賞受賞の様子をネットの動画でみた。

松井さんはかねてから人格者だと思っていたが、素晴らしいスピーチだった。自分の功績には一切触れず、長嶋さんへの感謝、ファンへの感謝、ジャイアンツへの感謝にあふれていた。「少しぐらい自分の実績に触れてもいいのに」と思ったが、そこが松井さんの素晴らしいところだろう。そんな松井さんが唯一、実績らしいことを述べたのは「日本で10年、アメリカで10年」という言葉だった。日本でもアメリカでも、一流選手が集う環境に身を置いて、日本一、世界一を目指して結果を出してきた自信を、私は勝手に感じた。功績を一切言わないだけに、この言葉の重みがものすごく伝わってきた。前に、松井さんが国民栄誉賞ときいて「野茂さんは?」と思ったことがあったが、国民栄誉賞は野球の実績だけで決まるものではないようだし、映像をみて、松井さんの受賞はとてもよかったと思った。

長嶋さんは、できればもっとはやく、たとえば、1994年、中日との10・8の死闘を制した時に表彰してほしかったという気がした。うまくいえないが、長嶋さんは、どんなに名誉ある賞を用意しても、そこにおさまらない存在感があるように思う。でもよかった。

お揃いのスーツがとても印象的だった。松井さんの提案で、長嶋さんが選んだと報道されていたが、ワイシャツがストライプだったのは、長嶋さんが、松井さんのヤンキースでの活躍を讃えたのかなと勝手に想像してみた。

多くのファンが集う野球場で表彰したこともよかった。長嶋さん、松井さん、それに、先に受賞した王さんと衣笠さんがグラウンドに揃えば、どんなに演出を工夫しても、主役の存在感が全てだろう。

「国民栄誉賞は政治目的に利用される」と言われることがある。過去の表彰をみても、そして今回も思ったが、政治目的などはあったとしても、瞬時に見透かされてしまうだろう。

表彰を受ける人の実績はもちろんだが、その人が歩んできた道のり、ストーリーがもつ圧倒的な存在感に、余計なものがくっつく余地などない。東京ドームに足を運んだ人も、TVや新聞、ネットで受賞式をみた人も、そう感じたのではないか。

国会へいこう(^^)   2013 年 5 月 5 日

子どものころ、修学旅行で国会にいったことがあるという人、

多いかと思います。

IMG_1195

でも、改めて行ってみたいという人もたくさんいます。

 

国会議員は、自分の後援会を中心に、

バスツアーを組んで国会見学会を開くことが多いようです。

国会見学は5月が年間のピークで、衆議院によると

多い時は1日200台のバスがくるそうです。

参議院も入れると、ものすごい人数が1日に訪れていることになります。

IMG_1608

私も後援会のバスツアーを計画していますが、

友達同士、家族、デートなど、

少人数で気楽に行ってみたいという声も多く聞きます。

 

少人数の声に応えたい。それが「国会へいこう(^^)」です。

国会内の食堂。味はまさに食堂という感じでずが、

建物の雰囲気がいいので人気があります。

IMG_1337

本会議や委員会が開かれる日、

私が質問に立つことがあれば是非ご案内したいと思っています。

DSC_0365

衆議院の議長室のとなりにある、議長応接室では、

国会運営を話し合う議院運営委員会が開かれています。

こうした場所は、大人数の通常見学だとなかなかご案内できませんが、

少人数だと見学が可能です。

 

新幹線でも高速バスでも、

マイカーで乗り合いで来ていただいても、駐車場があるので大丈夫です。

ご家族でも友人同士でも構いません。

国会の日程次第で、確約はできませんが、

できるだけ、私がご案内させていただきたいと思います。

ご希望の方は、

東京事務所03−3508−7469にお電話ください。

お待ちしています!

IMG_1323

(写真は衆議院第二議員会館721号室。

私の部屋です。あるくま君とともに、お待ちしています)

距離をおく   2013 年 5 月 1 日

今週の週刊ポストに「安倍晋三と朝日新聞の『不適切な蜜月』」という見出しの記事があり、気になって読んで見た。朝日新聞と安倍総理の関係が気になったわけではない。前々から、総理が新聞やテレビに自ら主体的に、単独インタビューや出演をすることが増えているのではないかと気になっていた。

記事には、朝日新聞が変節したとか、安倍総理と朝日新聞の関係が細かに書かれていたが、記事をそのまま鵜呑みにするつもりはない。朝日新聞にも反論があるだろう。 しかし、記事の中で立教大学の名誉教授教授が述べていた「メデイアのトップが権力者の総理と会食するなど言語道断。メディアは権力と一定の距離を保つべきというのは市民革命以来定着している考え方です」という話はその通りだと思う。 また、記事ではほかにも「安倍首相のメデイア攻勢は朝日だけに限ったことではない。首相就任以来、朝日、読売、毎日、日経、産経のトップと会談し、テレビも民放キー局の会長や社長を総なめしている。しかし、英国では、メディアの経営者が首相と会うことはタブーとされ、日本でもこれまでメディア側が権力との接近を自制する節度をもっていた」とあるが、これもその通りだと思う。

安倍総理と朝日新聞の関係だけをどうこういうつもりはまったくない。 民主党政権の前後、民主党が政権を取る少し前から、総理のテレビ出演や新聞の単独インタビューが、昔より増えているのではないかと漠然と感じていた。 総理に出番を与える以上は、単に総理の発言をなぞるだけではなく、時には総理を怒らせるような、各社の社論に基づく突っ込みがほしい。

あり得ないことと信じているが、単に総理の出演回数が多いとか、出演時期が他社より早いとかを競い、一喜一憂しているとしたら論外だ。 歴代総理がメディア各社に頻繁に登場することがなんとなくひっかかっていたが、大事なのは、距離をおくことだ。歴代総理がメディアを積極的に使おうというのなら、その内容をどういうものにするか。総理とどういう距離感をもつのかは、メディア各社の姿勢が問われている。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて