子どもたちからの手紙   2013 年 7 月 16 日

衆議院議員になって、初めて修学旅行生を迎えたのは

ずいぶん前のことだ。

川上村の、十数人の6年生だった。

 

参院選の激戦の合間をぬって国会にいったら、

お礼の手紙がきていた。

「バッジが触れて嬉しかった。思ったより重かった」

「国会は大きかった」

 

子どもたちに思い出を作ってもらうことはできたようだ。

国会では、

「大きくなってから、また見学にきてほしい」と言ったが、

手紙には

「小学校に遊びにきてください」と

書いてあった。

 

再会の日も近そうだ。

 

すみ けい子 今後の主な予定   2013 年 7 月 16 日

すみけい子を応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。

今後の主な予定です。お時間がありましたら、是非ご参加いただき、すみ候補の声を聞くとともに、みなさんの思いをすみ候補にぶつけてください。すみけい子は、みなさまの声を国政に届けてまいります。

 

18日 19時半 上田市民会館 個人演説会

20日 20時前 佐久市臼田商店街 玉屋前 最後の訴え

 

よろしくお願いいたします。

??-10

 

人生にムダなどない   2013 年 7 月 16 日

きのう、臼田高校野球部の短い夏が終わった。

 よく知る三年生たち、いつもは生意気な子たちが号泣。

 お母さんの一人が、

 「いまさら泣かないの!泣くぐらいなら勝ちなさい!」

 そう言っているお母さんも、泣きそうだった。

 子どもの泣く顔をみたくなかったのだろう。

 

 

 

やり直しのきかない高校野球。

 頑張ったけど目標に届かなかった球児。

もっと頑張れたのに、と悔やむ球児。

「悔いはない」とはいうものの、必ずある。

 

 

 

頑張ったけど結果が出なかったら、頑張った経験をいかしてその後の人生でまた頑張ればいい。

 もっと頑張れたはずだ、と思うなら、その悔しさを今後の人生にいかせばいい。

 高校野球はやり直しがきかないが、高校野球で得た経験をぶつける機会はいくらでもある。

 これは高校野球に限った話ではない。

 

人生にムダなどない、と私は思う。

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて