参議院選挙が終わりました。

信州では私、すみけい子候補と二人三脚で戦いましたが、

残念ながら当選にはいたりませんでした。

応援、ご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 

106915票。

公示の二日前に立候補表明したにも関わらず、

すみ候補は精一杯頑張ったと思います。

本人の頑張りに、多くのご支援をいただくことができました。

 

しかし、擁立がギリギリになってしまったことや、選挙戦のサポートなど、

私と党本部は、今回の結果を真摯に受け止めなければいけません。

 

全国的に見ても、議席を増やしはしたものの

長年活動を続けていた、なんとしても当選してほしかった

多くの仲間の努力が報われませんでした。

 

自民党にしっかりモノをいえる力を作るという

大きな目的のある戦いでした。

戦う意義がある選挙で候補者を擁立し、

挑戦をしたことは間違っていなかったと思います。

 

しかし戦うのが精一杯、現在の党の力の限界、

みんなの党の看板だけでは戦えないと感じました。

 

今後にむけて、党本部と、厳しい話し合いが必要となるでしょう。

 

今回の参院選、総括には時間がかかりそうですが、

この経験が今後にいかせるよう、もっと精進して参ります。

 

今回の参議院議員選挙が厳しい戦いになることは、

多くの方が、あらかじめ分かっていたことだと思います。

それでもなお、選挙戦を支えてくださった、

応援してくださった皆様に、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

??-19

(7月22日 佐久市 跡部交差点)

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて