原点にかえりたい   2013 年 10 月 12 日

ブログ、ごぶさたしてすみません。きのう初めて福島第一原発にいき、重い課題を背負っていることをこの目で確認したとしか、いまは言葉がない。また機会を改めて報告したい。

 

 

さて、おととい、みんなの党の全議員が集まる総会があった。8月以降、みんなの党は、「新党ではなく政党連立、ブロック型の政界再編をすすめる」と渡辺代表が繰り返してきた。これを党として機関決定し、名実とも党方針にしたいというのが、おとといの総会だった。

政界再編は、誰がどう考えても容易ではないが、小党のみんなの党が政策を実現するためには、政界再編が絶対必要ということは共通認識だ。各党連立、ブロック構想で再編を進めることを否定する人もいない。ただ、ブロック、連立だけに再編の手段をしぼらずに、いろんな可能性を柔軟に探るべしという意見も少なからずあった。

 

私はというと、政界再編は相手のあることだし、いつどうなるか分からないから、ブロックでもなんでも柔軟にやるべしと言う考えで、ブロック構想には賛成だ。しかし、ブロック構想を党是として機関決定してこれを打ち出し、政界再編手法を党の目玉方針にすることは嫌だった。なぜかといえば、みんなの党はもともと、行政改革を柱とする政策重視の政党だ。政局好きのマスコミの前で長時間、延々と政策を主張してきたこれまでの代表会見が好きだった。しかし、いまはあまりにも政界再編、ブロック構想が全面に出過ぎている。政局政党のレッテルを貼られかねず、党にとって大きなマイナスだ。ブロック再編構想は、党内で浸透している。否定する人もいない。機関決定をしなくとも、事実上党方針なのだから、ブロック構想をこれ以上宣伝する必要はない。政界再編は、浅尾幹事長や政調会長、国体委員長が中心になって、ふだんから各党と話をしていけばいい。党の顔である代表には、早く政策を語る姿を取り戻していただきたい。

 

また、ブロック構想という言葉が出始めてから、柿沢未途衆議院議員が離党するという、痛恨の事態がおこった。結党メンバーだった柿沢さんを支援してきた、生粋のみんなの党支援者の心が離れた。また、柿沢さんという論客を失った。18人しかいない衆議院議員の1人を失うということは党に取って非常にマイナスだ。このようなことを繰り返すようなことがあってはならない。柿沢さんの離党について、党内国会議員への説明も議論もないまま時間だけが過ぎてしまった。「おかしいことをおかしいといえなければ組織はダメになる」とある人がいっていたが、その通りだと思う。

 

みんなの党は、自由闊達な議論ができる組織であることが、大きな魅力だと思ってきたし、私は、「みんなの党のどこが好きか」と人に聞かれれば、必ずこのことを答えてきた。自由な議論、おかしいことはおかしいと議論しあった上で、最後はまとまる。これが本当の一致結束だと思う。江田憲司前幹事長の更迭、そして柿沢さんの離党後、みんなの党の雰囲気は、事なかれ的になっているのではないか。これは、私自身の反省、自問自答した結論でもある。

 

こうしたことを、総会とそれに先立つ役員会で発言させていただき、「ブロック構想を機関決定することに反対だからこの場にはいたくない」といって、総会を途中で退席した。党の決定には従う。臨時国会の開会も間もなくだ。はやくこの問題に終止符をうって、原発汚染水問題、消費増税、TPP、秘密保護法案など、重要案件を議論できる準備をすすめていきたい。

 

総会の後、心配して私の部屋を訪ねてくれた同僚たちがいた。晩飯にいこうと誘ってくれた人や、電話をくれた人が何人かいた。理路整然とした発言ではなかったし、我ながらかっこのつかない不器用な行動だと思ったが、それを汲み取ってくれた人たちがいたということはうれしかった。

 

 

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて