ありがとうございました   2013 年 12 月 8 日

江川紹子さんをお招きした、上田映劇の国政報告会、

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

朝早く来て、自発的に受付をやっていただいた方々はじめ、

みなさまに心より感謝申し上げます。

 

国政報告会の場で、みんなの党を離党する意向を表明致しました。

離党は明日以降のこととなりますので、正式な手続きを経て

しかるべき時に、ご報告させていただきます。

 



20131209-001652.jpg

後輩が信州に!   2013 年 12 月 7 日

嬉しい出来事がひとつ。

今朝の信濃毎日新聞、スポーツ面に記事がでていますが、
東大野球部の井坂肇投手が、信濃グランセローズに入団することが決まりました!!

一度、練習を見に行ったときに井坂君のキャッチボールをみましたが、かなりの速球派です!

後輩が信州にくるなんて、嬉しい!

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20131206-1227791.html

江川紹子さんとともに   2013 年 12 月 7 日

再掲になりますが、週末の国政報告会について、あらためてお知らせいたします。

 

特定秘密保護法案に、党議に反して反対したことについて、緊急の国政報告会を来週開催します。

 

12月7日 臼田館(佐久市臼田140−1) 14時から

12月8日 上田映劇(上田市中央2−12−30) 10時から

 

12月8日はゲストスピーカーに江川紹子さん(ジャーナリスト)をお招きします。江川紹子さんは、オウム真理教を巡る取材をはじめ、厚生労働省の村木厚子さんが無罪となった事件と裁判など、数多くの取材で知られています。秘密保護法についても、一貫した冷静な論調が各メディアに取り上げられています。皆様のお越しを、お待ちしています!

 

特定秘密の範囲について   2013 年 12 月 3 日

特定秘密保護法案の、「秘密の範囲を限定するべき」という意見は、ほとんどの人が同意するだろう。みんなの党内でも

・外交防衛分野に限るべき(テロ、スパイを外す)

・「その他重要な情報」という曖昧な表現を落とす。

などの意見があった。私は、外交防衛に限る、「特に警察はこの法律から外すべき」ということを考えてきた。警察の捜査が秘密となって際限なく広がるという不安が世論の一部にある。私は、その懸念も持っているが、そもそも警察は特定秘密に入らなくても十分やっていける。外交安全保障というよりも治安維持、危機管理がメインの仕事なのだから、外国とのやり取りも、外務省や防衛省に比べたら少ないと考えている。

警察に全く問題がないということではないが、これまで果たしてきた大きな役割を肯定的に捉えれば、敢えて特定秘密の枠組みに入る必要などないというのが、私の考えである。このことは、国会質問で警察庁長官にも申し上げたが、芳しい答えはなかった。

特定秘密で警察が関わると想定されるのが、テロ、スパイ分野である。そこで、特定秘密保護法案がテロリズムについてどのように定義しているかみてみると、


「政治上、その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう」となっている。

「殺傷」「破壊」は外形上明らかだが、「強要」というのは解釈が広い。

石破幹事長が、「デモ」を「テロ」と解釈できるような発言をして、撤回したことと関係が深い話である。

 

毎日新聞朝刊にも   2013 年 12 月 2 日

毎日新聞の記事

おはようございます。今朝の毎日新聞に、インタビュー記事を掲載していただきました。インターネット閲覧は登録制のようなので、ご登録いただくか、紙面を読んでいただけると幸いです。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて