大雪から1週間   2014 年 2 月 22 日

朝、佐久東中学校周辺の通学路2キロを確保する雪かきボランティアに参加。50人近い参加者のおかげで2時間ほどで終わったが、この一週間毎日雪かきに尽力してきた地元の皆様に改めて感謝。車道の除雪が進む一方で歩道の除雪は遅れ、人海戦術の雪かきが連日続いている。

その後御代田町、軽井沢町の役場を訪ねてこれまでの災害対応、現在の状況、今後のことについて話をきいた。うかがった話は来週の国会質問で、国に求められることは求めていく。

軽井沢も御代田も30センチ以上の雪が降ることは珍しく、今回の雪は、雪の少ない地域に大雪が襲ったというのが実態。この点は地元の人なら誰でもわかるが、全国的にみれば長野県は雪のイメージが強いからわかりにくいところ。

そして、降った雪がとけにくいのも大きな問題。北信や新潟の豪雪地帯と違って軽井沢、御代田、佐久、上田など東信や南佐久は冬の気温が低い。きょうは風もなくて暖かく感じたが、それでも日中は、よくて1度ぐらいの表示だった。

また、軽井沢は孤立集落はないが、孤立した別荘が多数という特有の課題も。軽井沢のカフェで隣にいた女性が「大雪のあと初めて外出した」と話していた。

メインの国道はほぼ交通も元通りに戻ったが、県道、町道の雪かきはまだまだ進んでおらず、国道はいまも車の流れが悪い。

日常を取り戻すにはまだまだ時間がかかり、農業ハウスの被害など、被害の全容が明らかになるには当分時間がかかりそう。

明日は佐久、小諸の役場を訪れる予定。

BhDAZ-4CQAA03SE

 

 

 

 

 

 

IMG_6560

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6568

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて