捜索の進展を祈る   2014 年 9 月 28 日

御嶽山の噴火から一夜明け、山のふもとの王滝村、木曽町の災害対策本部を訪ねた。4人が亡くなり、27人が心肺停止、数十人が大けがと報じられている。亡くなられた方のご冥福と、被災された人へ心からお見舞い申し上げるとともに、捜索の進展を願ってやまない。

 

王滝村の高台にある公園からは、噴煙を上げ続ける御嶽山がはっきりと見えた。

IMG_2226

 

 

 

 

 

 

 

 

災害対策本部となっている役場や、登山者の家族が待機している公民館は、多くのマスコミや車が目についたが、静かだった。皆捜索を見守るしかない状況だった。

 

IMG_2212

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2205

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7783

 

 

 

 

 

 

 

木曽町の町長や県の地方事務所長、王滝村の村長の話を総合すると、火口は山頂の長野県側、「王滝頂上」西側ではないかとのこと。御嶽山はロープウェイや登山道が整備されているから、3000メートル越えの山としては登りやすい。また、信仰の山としても知られている。きのうは、紅葉もきれいで大勢の登山客がいたとのこと。登山者カードを提出していない登山客もいるとみられ、被災した人の安否が全て確認されるまで、まだまだ時間がかかりそうとのこと。

IMG_2197

 

 

 

 

 

 

 

 

火山灰は風にのって開田高原の方にいき、その先の山梨や野辺山に達しているもようとのこと。開田高原の特産白菜をはじめ、各地で農業被害が出ている。

 

時折、ヘリの大きな音や救急車のサイレンが鳴り響き、その度に祈るような思いだった。山頂に向かって手を合わせて、被災者の無事と捜索の安全を祈って帰路についた。

IMG_7837

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7832

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7827

 

 

 

 

 

 

 

帰りの車で、「きょうは捜索を中断した」とニュースでやっていたが、明日以降もなんとか頑張っていただきたい。登山者の安否確認、そして山頂やその周辺が落ち着きを取り戻すには相当の時間がかかりそうだ。政府をあげて捜索、その後の復旧に取り組んでいただきたい。

27日(土) 終日地元。秋和街頭演説など。

28日(日)  終日地元。御嶽山噴火、木曽町、王滝村災害対策本部訪問。

29日(月)  終日東京。秋の国会初日

30日(火)  終日東京。本会議代表質問。江田代表登壇予定。

10月1日(水)  終日東京。本会議。

2日(木)  終日地元。午前9時上田交流文化センター開所式。13時長野県日中友好協会65周年式典。夜東京。

3日(金) 終日東京。東京上田会など。

※予定は予告なく変わることがあります。変わった時は分かり次第更新しますのでご了承ください。

青空国政報告会のおしらせ   2014 年 9 月 23 日

緊急ですが

 

本日9月23日午後15時より

 

上田駅お城口にて、青空国政報告会を開催いたします。

 

お気軽にお立ち寄りください。

「維新の党」結党大会が終わった。紆余曲折、難産だったが、ようやく一歩踏み出した。苦労の末にまとまったのだから、秋の国会はどの政党よりも活躍したい。

消費増税についてはまず歳出削減を大事にする、原発再稼働への慎重かつ現実的な対応など、政策面は、柿沢新政調会長はじめとする多くの人の尽力でよくまとまった。私もこれまでと変わらない訴えができる。

国会議員の活動費について、より公開性を高めていくことに党をあげて取り組むことになったが、自らに厳しい政治姿勢を実践することは大事な事だと思う。

前にも書いたが、喜びとか高揚感はなく、困難な道を、さらに覚悟を増して突き進むという気持ちだ。しかし、「困難は人を強くする」と信じてここまでやってきた。さらなる困難、試練を乗り越えて、日本の難局を打開する力となりたい。

党名は、そのうち慣れる。全身全霊の活動を今後も見ていただきたい。

ロゴ白

 

 

 

 

 

 

 

20日(土) 終日地元。千曲市など。夜、後援会幹部会。

21日(日)  終日東京。結いの党臨時党大会。維新の党結党大会。

22日(月)  終日地元。長野市など。

23日(火)  終日地元。15時上田駅前青空国政報告会。

24日(水)  終日東京。党両院総会。行革勉強会、日本史勉強会。

25日(木)  終日地元。

26日(金) 終日地元。

※予定は予告なく変わることがあります。変わった時は分かり次第更新しますのでご了承ください。

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて