井出ようせい 公式サイト

本文の開始

トップページ  >>   ご挨拶  >>   立候補にあたり

ご挨拶

立候補にあたり

私、井出ようせいは、長野県から国政に、みんなの党の一員として挑戦することを決断しました。

私は昨年末、国政を長野県からやりたいと思い、仕事を辞めました。
長野県は私の両親の故郷で、私にとって数えきれないほどの思い出がつまった場所です。

志高いみんなの党から最高のチャンスを与えられ、血の騒ぎを抑えることができないような昂りを感じています。

結果を恐れず堂々と戦います。
そして、必ず勝って、政治の信頼を失墜させた民主党政権と野党第一党の自民党から、「国民のための政治」を取り戻します。

私は、32歳になった昨年12月、かねてから考えていた政治の道を志し、約8年間記者として働いたNHKを退職しました。
学生時代から「社会人になったら少しでも社会のため、人のために働きたい」と政治に関心をもってきました。

記者時代は、宮城県と神奈川県の支局に勤務しました。
取材の中で、国の通達がないと大きな問題が解決できない。 また、同規模の自治体との横並びにばかり意識がいってしまう自治体をみて、中央の各省庁による集権的な地方行政の弊害を強く感じました。

高度経済成長が終わり、社会の多様化が進むいま、国が行っている仕事を国民に一番近い地域に移譲して、地域の個性をいかす行政が、社会全体の成長に絶対必要です。

魅力あふれる地域、人が集まる地域を作るため、県民とともに「地域の自由」を国から勝ち取ります。

長野県は私の両親の故郷で、数えきれないほどの思い出がつまった場所です。
特に、まじめで人への心配りあふれる県民性が大好きです。
生活の拠点を愛着ある長野に構え、人と人とのつながりを大切にする政治活動をしたいとずっと考えてきました。

私が「みんなの党」の一員として政治活動を始めることにしたのは、何よりも「みんなの党」の志です。
政治を志す者は何よりもまず、自らを厳しく律することができなくてはならないと考えています。
税金の無駄遣いをなくすための一政策として、国会議員の大幅な削減と給与カット、議員特権の廃止を公約に掲げる「みんなの党」の政治姿勢に強く共感しました。

信頼される政治を

国民が変化を望んで生まれたはずの民主党政権は、自らに甘く、数の力を盾に公約違反を繰り返し、政治と金の問題も放置しています。
また、昨年国民からNOを突き付けられた自民党は、国会対応や選挙の候補者人選などを見ても、国民の期待にこたえようという変化が見られません。
国民のためでなく、党のために政治をしているとしか思えない民主党と自民党に国民は愛想を尽かしています。

本当に国民のために政治ができるのは、志ある「みんなの党」しかありません。
私は「みんなの党」、長野県の代表として、信頼される政治を一からつくっていきます。

私の政治活動にご理解とご協力いただけますよう心よりお願い申し上げます。

平成22年5月 井出ようせい(庸生)

これまでのご挨拶一覧

ページTOPに戻る

本文の終了

フッターをスキップし、ページの終了へ