氷上トライアスロン in小海町   2011 年 1 月 30 日

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

本業ではありませんが、今年最初の大きな目標だった

「第22回氷上トライアスロン小海大会」

30日に無事終わりました。

スキー3キロ、ラン16キロ、スケート10キロ。

ランも標高差が560メートルあって山を駆ける感じでしたが、

3時間7分34秒。

 

 

 

 

 

 

スキーとスケートが初心者であることを考えると

上々のタイムで完走できました。

スキーやランの山登り、スケートは

途中何度もやめたくなるような苦しさでした。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最後のスケートで「ラスト3周」とスタッフの人に言われると

このまま終わってしまうことが寂しく思えてしまうという

得難い体験をさせてもらいました。一生の思い出になりそうです。

 

 以前にも書きましたが、この大会は協賛企業の減少などで

去年が最終回のはずでしたが、

参加者の強い要望に応えて存続した貴重な大会です。

200人の参加者をレース前日の説明会・レセプションから迎え、

大会当日はかなりの数のボランティアが

コースのいたるところに配置されます。

雪道の除雪、滑り止めの砂まきなど

運営側の苦労は数知れません。

炊き出しやおにぎりは朝5時から準備したそうです。

参加費は1万円を超えますが、決して高くないと参加して感じました。

運営が決して容易ではないこの大会を

小海町が続けることにした原動力はなんだったのか。

後日、町の皆さんに話を聞いて紹介したいと思います。

 

小海町の皆様と応援して下さった皆様に

心より御礼申し上げます。ありがとうございました<(_ _)>

この記事は 2011 年 1 月 30 日 日曜日 4:12 PM に投稿されました。

コメント / トラックバック 1 件

2011 年 2 月 1 日 5:30 PM
川北康彦 より:

久々にコメントをさせていただきます。六大学野球を体験している井出さんですから、達成感の喜びは人に指摘されるのまでもないでしょう。今回も充分な達成感を味わったと思います。今度は、この気持をゆり多くの人々、特に夢や目的を失いつつある若者の感じてもらうようにしましょうよ。そのためには、大会のスポンサー不足や継続のたるの難しい問題を処理できるような人になってください。議員の数がなぜ必要なのか?それを皆に理解されるようなことを実行していれば、おのずと次回の挑戦には花が咲くことだとしんじています。頑張ってください。
こんな面白そうな大会をもっと周知させたいですね。

コメントをどうぞ

井出ようせいブログシリーズ 被災地をみて